「出張」(1989)

50点50
東北地方に出張の途中、ゲリラと称する一団に拉致された中年サラリーマンを主人公に、サラリーマンの悲哀を描き出したブラックな笑いがいっぱいの悲喜劇。若松プロで脚本家や助監督として活躍し、「ニュージャック&ベティ」でデビュー、以来TVの脚本などを手掛けていた沖島勲の21年ぶりの作品。

あらすじ

中年の営業マン・熊井功は、研修会に出席するため、東北地方に出張するところだったが、途中落石事故によって足止めをくらってしまい、仕方なくその晩は、山中の温泉旅館で一泊することになった。翌朝、山道を歩いていた熊井は、山奥から聞こえてくる妙な爆裂音に気付く。そして、その音に近寄っていった時、突然、完全武装した若者に拉致されてしまう。彼は、山中に巣くうゲリラの一味で、その本隊は、眼下の機動隊と銃撃機の真最中だったのだ。その夜、熊井はゲリラの隊長から、自分が人質として捕まっていることを聞かされる。しかし、見かけによらず心の優しい彼らに、いつしか熊井は、親しみさえ覚えてしまうのだった。翌朝、隊長達に呼ばれた熊井は、身代金の交渉の経過を説明され、彼の妻が、全然取り合ってくれないことを知らされる。絶望的になる熊井だったが、結局、会社が身代金を立て替えるという形で釈放されたのだった。家に帰った熊井は、その事を妻に問い質そうとするがかわされてしまい、妻に対する疑念に悩まされてしまうのだった。そして、疲れを癒す間もなく、出張を命じられた熊井は、再び東北地方に出かけていく。その列車の窓から爆弾の飛び交う山に向けて、熊井は「ガンバレヨーッ!」と叫ぶのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1989年
製作国 日本
配給 アーバン21
上映時間 91
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する