「椿姫〈1988年〉」(1988)

80点80
山田=朝間のコンビがオペラの名作『椿姫』をモチーフにして、一人のオペラ好きのタクシー運転手の回想を通して薄幸な芸者との恋物語が語られる。北海道の大自然を背景にした丹念な画面作り。男やもめのタクシー運転手・加藤健一、芸者・松坂慶子ともに好演。日本アカデミー賞で音楽賞を受賞。

あらすじ

北海道・釧路のタクシー運転手、格次郎は、ある日客としてオペラ歌手の水原智絵子と弟子の美紀を乗せた。格次郎が熱狂的なオペラ・ファンだったことから話がはずみ、彼は道すがら自分の恋物語を語った。格次郎は4年前、タクシー業者の忘年会で芸者の小雪と会った。彼女は二次会の席で意外にもオペラ歌手なみの声で「乾杯の歌」を歌い、格次郎を驚かせた。小雪はオペラを習ったことがあると言い格次郎と意気投合した。格次郎は数年前に妻と別れ、二人の子供と暮らしていた。実兄の福太郎から再婚を勧められるが、小雪のことが忘れられない。ある日、格次郎は札幌駅で小雪とパトロン風の男を乗せてしまう。格次郎と知らず二人は口喧嘩するが、目的地で男が降りたすきに彼は車を発車させた。格次郎は小雪と恋の逃避行を続けるが、兄に連れ戻された。小雪は優柔不断な格次郎に愛想を尽かして去った。しばらくして小雪が札幌に店を出し、格次郎はいつか約束したオペラ「椿姫」のチケットを持って訪ねたが、小雪は病気で休んでいた。オペラの当日は店の若いホステスが代わりにやって来た。小雪が入院していると聞き、格次郎はオペラを見ずに病院へ車を走らせた。再会した小雪はやつれていた。水原智絵子と美紀は格次郎の話に聞き入り、悲恋話に涙ぐんでいた。目的地が近づき、結末を聞くと、なんと小雪は元気になり、格次郎と結婚して今は子供の面倒をみているという。水原智絵子のステージの日、客席には仲睦まじい格次郎と小雪の姿があった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1988年
製作国 日本
配給 松竹映像
上映時間 96
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する