「ちぎれた愛の殺人」(1993)

0点--
“天使のはらわた“シリーズや「死んでもいい」などで知られる異才・石井隆の脚本を得て、池田敏春が鮮烈な映像で描くサイコ・サスペンス。猟奇殺人事件の捜査線上に浮かび上がった助教授、村木を見張る刑事の陽子。事件の裏にはノイローゼで療養中の村木の妻・名美の存在が見え隠れしていた……。村木に扮した佐野史郎の怪演も見もの。

あらすじ

女子大生・岡川文絵が校舎の屋上から飛び降り自殺した。警視庁の刑事・水橋陽子は、美術史の助教授で剣道場で稽古をつけていた村木哲郎に会う。今回は完全な自殺だったが、五年前に起きたある女子大生の失踪事件に彼が関係しているのではと陽子は疑っていた。その女子大生は陽子の親友だった。陽子は所轄の刑事・武藤とコンビを組んで聞き込みを行い、村木の妻・名美が五年前からノイローゼで、村木の実家の出雲で療養中だということを知る。だが村木の自宅で彼以外の人影を感じた陽子は張り込みを始め、ある夜村木邸から走り出た一台の車を追う。車に乗っていた謎の女は妖し気なレズバーに入るが、そこで消えてしまった。翌朝、再び赤いフェアレディZを目撃した陽子は、羽田空港から出雲へ向かった謎の女を追って自分も出雲へ。出雲では、またバラバラ殺人事件が起こっていた。陽子は海岸で女を発見し追いかけるが、そこに現れたのは村木だった。陽子は村木に得体の知れなさを感じる一方で、徐々に惹かれていた。その頃、東京では武藤が行方不明になっていた。知らせを受けた陽子は一足先に東京に戻り、村木の自宅に侵入、地下室の冷蔵庫で武藤を含む夥しい切り刻まれた死体の山を発見する。そこへ現れた名美と、女装した村木。村木の浮気騒ぎでショックを受け狂気に走ってしまった名美に対して、村木は女たちを殺し続けることで償っていたのだ。陽子を襲おうとして名美は巨大な換気扇に首をからまれ、村木もまた自ら死を選ぶように陽子に刺されていった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1993年
製作国 日本
配給 パイオニアLDC
上映時間 101
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する