「新・童貞物語 ホンコンバージンボーイ」(1990)

0点--
“童貞物語“シリーズ第6作。今回はオール香港ロケの異色編で、恋あり、冒険あり、アクションありの娯楽作に仕上がっている。カンフー・スターを夢見る健治は、知り合いの修を頼って香港までやって来た。そこで出会った少女シュウェンに一目惚れしたり、カンフーの達人である彼女の祖父に弟子入りし修行に励むが、そこで思わぬ事件に巻き込まれ……。

あらすじ

カンフー・スターを夢見て本場・香港へやってきた宮下健治は、新宿の女子大生パブで知り合った日野修のアパートを訪れた。修から香港の映画監督を紹介してもらうことになっていた健治だったが、どうも修の様子がおかしいのだ。そんな時、健治はひょんな事からシュウエンという女の子と知り合った。シュウエンは幼い時、両親を亡くし、バイトしながら祖父とふたり暮らしをしていた。健治はシュウエンに一目惚れ。おまけに彼女の祖父周は“カンフーの神様”と言われる大先生で、さっそく弟子入りし、シュウエンと一緒に稽古をつけてもらうのだった。ある時、健治のまわりに異変が起こる。居候先の修は、日本人女性を売春クラブに売りとばす香港マフィアの手先だったのだ。修を追って日本からやってきたユミが囚われた。救出に乗り込む健治とシュウェン。その時、シュウエンはマフィアのボスが父親の仇であることを知る。そして、周も殺されてしまうのだった。周は死ぬ直前にシュウエンの母親が日本で生きているとつげた。怒りをこめてマフィアのボスを倒したシュウエンと健治は、彼女の母親を求めて日本へと向かったのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1990年
製作国 日本
配給 エム・エム・ピー=バンダイ=鎌倉スーパーステーション
上映時間 83
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する