「幸福のスイッチ」(2006)

69点69
和歌山を舞台に、頑固な父親と意地っ張りな娘の交流を綴ったヒューマン・ドラマ。上司と衝突して会社を辞めた怜は、姉が入院したとの知らせを受け和歌山の実家に帰る。だが、入院していたのは疎遠になっていた父親だった。やむなく、怜は父の代わりに家業の電器屋を手伝うことになり……。

あらすじ

稲田怜(上野樹里)は、東京のデザイン会社の新人イラストレーター。田舎の電器屋で、儲けにもならない仕事ばかり引き受ける父・誠一郎(沢田研二)に反発して上京するが、現実は厳しく、自分が思い描いていたような仕事はなかなかできない。ある日、上司と衝突してついに会社を辞めてしまう。そんな最悪の状況の中、高校生の妹・香(中村静香)から手紙と新幹線のチケットが届く。そこには、亡き母に代わって実家を手伝う姉の瞳(本上まなみ)が、絶対安静で入院したと書かれていた。怜は実家のある和歌山県田辺市に帰省するが、実は入院したのは瞳ではなく、脚を骨折した誠一郎だった。疎遠になっている父が骨折したくらいでは怜が帰ってこないとにらんだ香は、嘘の手紙を送ったのだ。誠一郎は、病院のベッドの上で大声で客にアフターケアの電話をかけまくっている。妊娠中の瞳から店の手伝いを頼まれた怜は、生活費をカンパするという申し出につられて、渋々承諾する。誠一郎が経営する「イナデン」は、町の小さな電器屋だ。大型家電量販店に押されて経営は芳しくないが、“お客様第一。全メーカー修理。電球一個からリフォーム相談まで”をモットーに、儲けを度外視した親身なサービスで町の人々から厚い信頼を寄せられている。イナデンは町の社交場で、昔からの常連客はみかん片手にやってきて、ミキサーでジュースを作っては、茶飲み話に花を咲かせる。タダ同然で雑用全般まで引き受ける誠一郎の姿勢が、怜にはまったく理解できない。しかし、店番をしたり修理に出向いたりするうちに、怜の心に働くことの喜びが芽生えてくる。嵐の晩には、誠一郎は病院を抜け出して、停電した家々への対応に助っ人としてやって来た。やがて、誠一郎の怪我が完治する。二人の間のわだかまりも少々柔らかくなり、怜は新たな気持ちで上京するのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 東北新社=東京テアトル=関西テレビ放送
上映時間 105
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する