「キャプテン翼 明日に向って走れ!」(1986)

0点--
劇場版アニメ・シリーズ第3弾。中学サッカー大会が終わった後、欧州遠征に向けて再び全日本選抜チームが召集、そして合宿が始まった。翼は過去を振り返りながらも、ゴールキーパーの若林や、戻ってきた岬らと猛特訓に励む。

あらすじ

第16回中学生サッカー大会の激戦を終えた翼たちは、来たるヨーロッパ選抜との三度目の対決のため、再び全日本選抜チームを結成、V3目指して千葉県の検見川で、片桐新監督のもと、強化合宿を行なうことになった。翼と日向を中心に二つのチームに分かれて紅白戦が開始された。ドリブルで進む翼、ゴール前には若林がいる、若林は翼にとって最初のライバルだった。翼は若林との出会いを思い出していた。頼りになるチームメイトとして戦ってきた試合の名シーンの数々。盛り上がる紅白戦。翼のドライブシュートを、懸命にセービングする若林。そこに岬太郎が現われた。フランスに行ったきり行方がわからなかった岬。抜群のテクニックで翼と最強のゴールデンコンビを組んでいた岬が帰ってきたのだ。岬のセンタリングで、渾身の力をこめた翼のドライブシュートが決まった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1986年
製作国 日本
配給 エノキフィルム=テレビ東京=集英社
上映時間 35
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する