「傷害恐喝 前科十三犯」(1969)

0点--
黒沼組組長を殺し、刑務所に入っている峰岡組幹部・沖津政次は、面会に来た弟分から、組長が何者かによって殺され、組が危機に立っていると知らされる。黒沼組の仕業とわかった沖津は、刑務所の中で仲間を集め、組長の仇をとるために立ち上がる……。過剰ともいえる暴力が炸裂するアクション・ヤクザ映画。

あらすじ

峰岡組幹部沖津政次はライバル黒沼興業社長黒沼を殺したことから十三度目の刑務所入りとなった。それから間もなく、政次は面会に来た弟分の茂から、峰岡の死と組の衰弱を伝えられた。親分は何者かに刺殺され、黒沼が峰岡の借金を肩代りして、担保になっている約一億円の土地をとりあげたという。監房では、復讐を誓う政次に中沢、須田、北川が応援を申出た。二年がたち、政次は出所した。彼は峰岡の未亡人マキと子供を茂に預けると、黒沼に宣戦布告、先に出所している三人と一億円を奪い返す作戦を練った。それから数日、競馬のノミ屋をやっている黒沼不動産で大事件が起きた。中沢が大穴で千二百万円をあて、不動産に金のないことから借用証を書かせたのだ。政次も黒沼との花札勝負に勝ち千五百万円の証文を書かせた。黒沼はその腹いせに政次の情婦早苗と須田を惨殺、続いてマキと茂をも殺してしまった。怒りに燃える政次ら三人はやがて黒沼一派に殴り込みをかけ、黒沼をあの世に送った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1969年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 93
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する