「鉄・平成侠客伝」(1999)

【DVD発売中】

0点--
「大怪獣東京に現る」で注目を集めた俊英、宮坂武志による任侠アクション。時代と波長を合わせられない昔カタギのヤクザ者たちの、仁義を貫く生き様をパワフルに描く。

あらすじ

かつて武闘派として鳴らした安田組組長の安田万二郎は、今も義理人情の世界に生きる昔気質の極道だ。ところがある日、彼のやり方に見切りをつけた子分たちが組を去ってしまった。残ったのは金魚という舎弟ひとり。しかも、万二郎自身も寄る年波で体を悪くしており、安田組は存続の危機に立たされてしまう。一方その頃、時代に合ったしのぎで組を発展させていた万二郎の幼なじみ・山西の下部組織である坂崎組組長の坂崎が、安田組のシマ乗っ取りを企んでいた。坂崎一味に執拗ないやがらせを受ける万二郎と金魚。そんなふたりを窮地から救ったのは、鉄と名乗る男だった。正体不明ながら義理人情に厚いこの流れ者に、万二郎は久々に男気を感じる。そして彼は、鉄によってかつての熱き自分を取り戻していくのであった。さて、安田組乗っ取りが一向にはかどらない坂崎は、次第に暴走するようになっていた。山西組からの独立を彼は親である山西に手をかけると、次に金魚を血祭りにあげるという強硬手段に出る。そんな坂崎のやり方に激怒する万二郎。坂崎との直接対決を決意した彼は、鉄の協力で見事坂崎を斬ってみせるが、自らも力尽きて倒れてしまう。いまわの際、万二郎は少年の頃に闇市でライスカレーを奢ってくれ、男の生き方を説いてくれた復員兵が鉄であったことを思い出す。実は、鉄は万二郎の最後に一花咲かせる為に現れたゴーストだったのだ。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1999年
製作国 日本
配給 ギャガ=GAGA PICTURES
上映時間 105
公開日 1999年3月20日(土)公開
映倫 R15+
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する