「タスマニア物語」(1990)

【DVD発売中】

42点42
タスマニアに赴任した父を追った息子は、父が商社を辞めて自然保護運動をやっていることを知る。父の真意を量りかねる息子もやがてタスマニアの大自然の中で心を開いていく。タスマニア島の雄大な自然とウォンバット、ワラビーなどの動物たちの愛らしい姿を交えて心優しく描いたファミリー・ドラマ。

あらすじ

小学六年生の正一は小学校最後の春休みを利用して父の住むオーストラリアに向う。だが、一流商社に勤めているはずの父栄二は、今では会社を辞めて南の島タスマニアに住んでいるというのだ。とりあえずシドニーの町を見物していた正一は、そこで実という少年に出会う。複雑な家庭事情があり、家出してきたばかりという実に正一は親しみを感じる。そんな時平島直子と名乗る女が二人の前に現われ、正一と実を栄二のもとへ案内するのだった。しかしそこで正一と再会した栄二は、タスマニアの自然保護運動に参加して、幻の動物タスマニアタイガーを追っていた。そんないるのかいないのかもわからないタスマニアタイガーを追うことで頭が一杯になって、少しはみ出した行動をする栄二に疑問を抱き、反発してしまう正一だったが、いつしかそんな栄二の姿に頼もしさを感じるようになるのだった。そして、遂に春休みも終りに近づいた頃、正一は栄二と共にタスマニアタイガーを探しに出る。一晩中ねばる正一と栄二。夜が明け、森林をさまよった正一は、そこで朝日を背にしているタスマニアタイガーを見るのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1990年
製作国 日本
配給 ポニーキャニオン=フジテレビジョン=ニッポン放送=産経新聞
上映時間 110
チケット 前売りチケットを購入する