「早春物語」(1985)

【DVD発売中】

62点62
高校生の女の子が中年サラリーマンに寄せるほのかな想い。これが彼女のなかで恋に変わっていく様を、鮮烈なタッチで捉えた澤井信一郎の監督第3作。サラリーマンの梶川は、女の子・瞳の死んだ母親のかつての恋人。しかし、梶川が母親を捨てたという噂を聞き、瞳の心は揺れ動く。澤井監督は、瞳の中に巻き起こるこの疑念と梶川への愛を、抑制した演出で見事に表現していく。これがやがて後半のロマンティックなキス・シーンへ昇華するに至る手腕の冴えは、俯瞰を多用した仙元誠三の快いカメラ・ワークと相まって、全編をメルヘンチックなラブ・ストーリーとすることに成功している。

あらすじ

沖野瞳は鎌倉北高校写真部所属の17歳。瞳の母は数年前に死亡し、もうすぐ父は大宅敬子という女性と再婚することになっている。春休みになり、写真部のテーマ「春−−来たりて去る」のため、瞳はカメラをかかえて鎌倉の町を歩き、とある寺の参道前で格好の被写体を見つけた。だが駐車している車が邪魔っけだ。その車をどけてもらったことがきっかけで、瞳は梶川と知り合った。彼は42歳の独身男性で、アメリカでクズ鉄の行商をしているという。数日後、鎌倉駅で仲良しの麻子と会った瞳は、恋人に会うという麻子への対抗上、自分もデートするんだと言った。そして、梶川のオフィスに訪ねていった。梶川は上司の竹中常務がガンのために会社をしりぞいたので、社内の出世コースからはずれ、アメリカ支社の不振の責任を全部おしつけられようとしていた。梶川は彼女をパーティに誘った。そこで、石原貴子という女性が梶川になれなれしいのを見て、瞳は嫉妬めいたものを感じた。母の命日の墓参りからもどった瞳はアルバムを見ていて、母と一緒に梶川らしい男が写っている写真を発見した。看護婦をしている母の友人松浦純子に会い、20年前に母と梶川はつきあっていたが、梶川は母と仕事をはかりにかけて、母を捨てたのだと聞かされた。複雑な気持で瞳は梶川と箱根へドライブをし、かつて母と梶川が写真を撮った同じ場所へ行く。心おちつかぬ様子の梶川。その夜、ワインを飲んですねる瞳を梶川は抱きキスをした。それからしばらくして、瞳はかつて母と梶川がデートした思い出の喫茶店に彼を呼び出して詰問した。夜、梶川は20年前の真相を語った。母と彼は愛しあっていたが、母の友人も彼に恋していて、二人の仲を知ると絶望して自殺した。それで、二人は結婚をあきらめたのだという。同級生の真佐子が教師の横谷と心中死した。真佐子の葬式の後、瞳と梶川は海岸を散歩し、梶川は今の会社をやめ、友人の会社に入ってやり直すと語った。梶川は瞳の父に事情を話し、瞳に愛していると伝えてくれ、そうすれば彼女の自分に対する恋心もなくなるだろうからと頼んだ。成田空港からアメリカにたとうとしていた梶川の前に瞳が現われた。梶川は君を本心から愛してると言った。新学期が始まり、経験しちゃったという麻子に、瞳はそれだけじゃ女になれないのよと答えるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1985年
製作国 日本
配給 角川春樹事務所
上映時間 96
チケット 前売りチケットを購入する