「セラフィムの夜」(1996)

【DVD発売中】

60点60
“愛と暴力“をテーマとした作家活動を続ける花村萬月の同名小説を映画化。遺伝子の先天性異常により両性具有であることを知った女性の愛と苦悩を描く。偶然に自分が両性具有だと知ってしまった涼子は、彼女に偏愛を抱く美大の後輩、大島博之のアトリエで、両性具有の天使像の絵を見せられ、犯されてしまう。自我も肉体も汚された涼子は博之を刺すが、とどめをさしたのは彼の異母兄弟の山本だった。右翼で韓国人の母を持つ山本もまた、涼子と同じく自らのアイデンティティーの崩壊に悩んでいた。そんな二人は、韓国・釜山へと旅立つが……。

あらすじ

美大時代に所属していた剣道部の練習に顔を出した涼子は、そこで後輩の博之と再会するが、彼の強引な誘いでアトリエを訪ねた涼子は、博之が涼子の姿を想像してはヌード絵を描いている変質的な青年であることを知る。憤慨した涼子は、そこで博之の異母兄弟で韓国人とのハーフの右翼団体幹部・辰夫と出会った。博之と違って理性的な辰夫に涼子は魅力を感じたが、博之はそんな兄を「日本人のなりそこね」と罵るのだった。それからしばらくして、涼子は医者から“睾丸性女性化症候群”で、性的には男であるとの診断を受ける。それを知った博之は、涼子が例え男でも両性具有者でも愛することができると涼子を抱くが、涼子は博之を刺し殺してしまった。博之の死を知った辰夫は死体を庭に埋めると、涼子とふたりで韓国に逃亡を図るのだった。ところがそんなふたりの前に、辰夫の右翼団体から雇われた殺し屋・金が現れる。自らも在日韓国人である金は、日本人になったり韓国人に戻ろうとしたりする辰夫が許せなくて仕方がない。金に涼子が実は男であることを告げられた辰夫は、苦悩のあまり涼子に冷たくあたってしまった。辰夫にダメージを与えることに成功した金は、自分がいつの間にか涼子にひかれていることに気づく。従姉妹の売春婦・崔に連れられて生みの母を訪ねた辰夫は、「ここはお前の故郷ではない」と母から拒絶された。行き場を失った辰夫は、彼の後を追って来た涼子の目の前で金と決着をつけようとする。激しい戦いの末、ふたりはともに命を落とし、韓国の空の下、涼子は辰夫と金の遺体をいつまでも抱き続けていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1996年
製作国 日本
配給 ツインズ
上映時間 105
チケット 前売りチケットを購入する