「スローなブギにしてくれ」(1981)

【DVD発売中】

57点57
自由で気の向くままに生きる少女と、その少女に引きずられていく中年男の奇妙な交流を通して、それぞれの世代の関係の成立と崩壊を描いた青春映画の佳作。主人公の少女を強姦する労務者風の男に、作家の高橋三千綱と映画監督の和泉聖治が扮している。後にTVドラマでブレイクする浅野温子が快演。

あらすじ

夕暮の第三京浜。白いムスタングから仔猫と若い女の子が放り出され、後ろから来たオートバイの少年に救けられた。ゴローとさち乃の出会い、ニ人は一緒に暮しはじめた。ムスタングの男は、福生の旧米軍ハウスに住み、仕事仲間の輝男と敬子のカップルが同居している。敬子が産んだ子供はどちらが親か分らないが、三人は奇妙な均衡の中で暮している。子供は敬子の妹、由紀江が面倒を見ている。ある朝、輝男がジョギング中に心臓発作で死んでしまった。一方、さち乃は行きつけのスナック、クイーンエリザベスでバイトをはじめた。ゴローはバイト先で喧嘩して仕事を辞めてしまい、またさち乃と客の仲を嫉妬してふらりと何処かへ出かける。さち乃は男に連絡を取り、季節外れの高原ホテルで会った。男は別居中の妻との離婚の書類にハンを押すためと、子供のピアノの発表会を見に行くためにここへ来たのだ。子供と電話で話す男の顔を見て、さち乃はホテルを出た。再びゴローとさち乃の生活が始まった。ある日、さち乃が作業服の男たちに強姦された。ゴローは必死で男たちを捜し、なんとか見つけると目茶苦茶に叩きのめした。ごきげんなゴローにさち乃は「あたしよりも仇を討つことしか考えないの」と咳いた。さち乃は男のもとに向った。そこには敬子と由紀江と赤ん坊が同居しており、さち乃はそんな生活に馴染めずハウスを飛び出した。彼女が出ると同時にハウスのバランスがくずれ、皆バラバラとなった。消えたさち乃を求めて、男はゴローと会った。そこへ、ゴローに作業服の男が襲いかかり中へ割って入った男が腹を刺されてしまう。三ヵ月の重傷。男は「さち乃に刺されたようなものさ」と咳く。スナックでしょげているゴローのところにさち乃が戻って来て、また働くという。マスターが「復帰祝いに何か曲をかけよう」と言うと、ゴローが「スローなブギにしてくれ」と答えた。ゴキゲンなブギがゆっくり流れた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1981年
製作国 日本
配給 角川春樹事務所
チケット 前売りチケットを購入する