「サイクロンZ」(1988)

【DVD発売中】

72点72
香港の人さえ足を踏み入れることをためらう香港ダークサイド。そこには、表面的には大企業だが、裏では、密貿易・人身売買・兵器や麻薬の生産をしている企業があった。弁護士ジャッキー・ドラゴンがその企業から弁護を依頼される。工場から流れ出た汚水が、近くの漁場を汚染したと、周辺住人は工場の操業停止に乗り出すが……。訴訟の代表者役のD・イップや、ジャッキーと仕事を頼むサモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウが絡みストーリーが展開する。香港映画のエネルギーがみなぎる良質のコメディ&アクション。

あらすじ

香港でも熱血漢弁護士として知られるジャッキー(ジャッキー・チェン)は、企業から仕事を依頼される。化学原料工場からの汚水が、近くの漁場を汚染したとの訴えに対処するためだ。訟訴の代表者イップ(ディニー・イップ)の姪メイ(ポーリン・ヤン)にジャッキーは会うが、女の子とみるとすぐにちょっかいを出す彼も一目でゾッコン。訟訴をとり下げ事件解決の早道は、企業が漁場を買いとることだ。ジャッキーは友人のブローカーのウォン(サモ・ハン・キンポー)に買収工作をすすめ、ウォンはイップの隣に引越し、彼女に接近する。一方ジャッキーはトン(ユン・ピョウ)を情報収集のため雇う。面識のないトンとウォンの間で気まずい空気が流れ、ジャッキーの恋やウォンの策略の邪魔となる。さて、ジャッキーの依頼主は組織のボスのファー(ユン・ワー)。工場では実は麻薬精製が行なわれていたのだ。ウォンとメイ、トンが工場に侵入してつかまり、殺し屋(ベニー・ユキーデ)たちの魔の手が近づく。からくも脱出したトン。そして気づいたジャッキーは、工場に向かう。乱闘につぐ乱闘の果て、ついに組織は壊滅。すべてはまるく、おさまった−−。 【キネマ旬報データベースより】
原題 飛龍猛将/DRAGONS ARE FOREVER
製作年 1988年
製作国 香港
上映時間 97
チケット 前売りチケットを購入する