「ホストタウン/エイブル2」(2004)

80点80
本作は、知的発達障害を抱える人々を温かい視線で見つめ続ける小栗謙一監督の『エイブル』の続編となるドキュメンタリー作品。昨年、アイルランドで開催された知的発達障害者のスポーツ活動を支援する“スペシャルオリンピックス“を背景に、その大会への出場を夢見るダウン症のひとりの少女の姿と、彼女を取り巻く家族や周囲の人々の活動が、綴られていく。

あらすじ

2003年6月。アイルランドのダブリンで”第11回スペシャルオリンピックス夏季世界大会“が開催された。日本人選手団を迎えるホストタウンとなった郊外の小さな町・ニューブリッジに家族と暮らす、知的障がいを伴うダウン症の18歳、エイミー・パーセルは、体操のアスリート。今大会への出場を夢見ていたが、惜しくも選から漏れてしまった。そんな彼女の夢は、セクレタリーになること。その為に、トレーニングセンターで電話受付の勉強をしている。エイミーのすぐ下の妹であるリンジーもまた、脳性マヒで下肢が不自由だ。彼女は将来、大学に進んで障がい者を助ける仕事をしたいと思っている。ニューブリッジに日本人選手団がやって来た。大家族のエイミーの家はホストファミリーにはなれなかったが、エイミーと同い年でダウン症のケビンの家には、ふたりの女子アスリートが滞在し交流を深めた。いよいよ開会式。家族揃って会場へ向かうパーセル家の人々。多彩な競技、熱戦が続く。エイミーも精一杯の声援を送った――。9日間の祭典が幕を閉じ、ニューブリッジにいつもの日常が戻って来る。しかし、今は障がいがある為に社会に受け入れらないなんて不安や怒りや失望は過去のことに思える。リンジーはボーイフレンドの社会デビューの祝賀会でパートナーを務め、エイミーもセクレタリーの訓練に懸命に取り組んでいる。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2004年
製作国 日本
配給 『able』の会=able2製作委員会
上映時間 101
公開日 2004年4月24日(土)公開
カテゴリ ドキュメント
チケット 前売りチケットを購入する