「極道の妻〈おんな〉たち II」(1987)

【DVD発売中】

47点47
うだつのあがらぬ組長に代わって組を仕切る妻の遊紀と、ヤクザとの間に生まれた子をモデルをしながら懸命に育てる麻美という二人の女性の姿を通して、極道の世界に生きる妻(おんな)たちの悲哀を描く。

あらすじ

重宗遊紀は大阪・港南市に縄張りを持つ重宗組四代目の妻だが、夫の孝明が気弱なうえ下手な博変と女道楽にうつつを抜かしているので、一人で組を仕切らなければならなかった。そんなとき関西新国際空港の工事をめぐって磐城四天王の一つである和歌山の河東組と利権争いが起こった。尼崎の萬代組系磐城組組長からは重宗組の家と土地、代紋を三億円で譲るよう迫られる。孝明は情痴の果て女に撃たれて入院。資産もなく苦境に立たされた遊紀だが女組長・八橋松代の紹介で知り合った木本燎二の計らいでバクチに勝った。木本はかつて磐城の兄弟分だったが、今は絶縁されている仲。また、彼は恋人だったモデルの榎麻美との間に娘もおり、二人のためにカタギになろうとダンプの運転手として働いていた。一方、遊紀はやがて夫がガンに犯されていることを知る。しかし、木本も遊紀もいつかは磐城と決着をつけなければならなかった。二人は韓国の斉州島で行われる磐城の萬代組五代目襲名披露の席、バクチで一世一代の勝負に出ることを決意、資産づくりの旅に出かけた。木本のイカサマの腕で襲名披露でも事は思惑通りに進み大金を手にした二人だが、木本のほうは大阪で麻美と会っているところを磐城の手下に襲われ殺されてしまう。遊紀は単身、磐城の事務所に乗り込み、河東、金崎、元木らもいる前で「重宗の代紋は守り抜く」と啖呵をきった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1987年
製作国 日本
上映時間 119
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する