「クライ・ベイビー」(1990)

【DVD発売中】

62点62
「ピンク・フラミンゴ」で知られる、異才J・ウォーターズが監督した青春ラブ・コメディ。1954年のアメリカ・ボルチモアを舞台に、対立する不良グループのリーダーとお嬢様が恋に落ち、グループを巻き込んで大騒動を繰り広げるというもの。主演のJ・デップにとって「シザーハンズ」の主役を手にするための、大きなステップボードになった。

あらすじ

1954年、ボルチモア。お金持ちグループ<スクエアズ>のお嬢様アリスン(エイミー・ロケイン)と、不良グループ<ドレイプス>の青年クライ・ベイビー(ジョニー・デップ)は、予防注射の席で恋に落ちた。アリスンのボーイフレンド、ボールドウィンとアリソン家のおばあさんは、二人を引き離そうと躍起になるがうまくいかない。そのうちダンス・パーティーの夜がやってきて、すっかりクライ・ベイビーに感化されたアリソンはロカビリーをデュエットで熱唱してしまう。怒った<スクエアズ>はパーティー会場に殴り込みをかけ、混乱の中、逮捕されたクライ・ベイビーは感化院へ送られた。その上、クライ・ベイビーの子供がお腹の中にいるというイカレた女の証言もあいまって、アリソンの心はクライ・ベイビーから離れそうになった。クライ・ベイビーは悲しみに打ちひしがれながら涙の滴のイレズミを彫った。<ドレイプス>はアリソンを誘拐し、おばあさんも味方に引き入れて、感化院へ直行。クライ・ベイビーの釈放を求めて塀の外からラブコールを送った。みんなの情熱にほだされた判事は、クライ・ベイビーを出所させる。<スクエアズ>対<ドレイプス>はチキン・ゲームで勝負をつけることになり、クライ・ベイビーは見事勝って涙を流すのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1990年
製作国
上映時間 112
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する