「蜘蛛の瞳」(1997)

【DVD発売中】

80点80
黒沢清監督の異色サスペンス「蛇の道」の続編が早くも登場。前作で復讐を遂げた主人公が、殺し屋稼業に手を染めたことから絶望に陥っていく姿を、また新たなタッチで描く。

あらすじ

殺された娘の復讐を果たした新島は、生きる目的を失い、ただ淡々とした日々を送っていた。そんな時、同級生だった岩松に再会、誘われるままにビジネスとして殺しを行っていく。ある日、新島は組織の上部・依田に岩松の監視を命令される。岩松を裏切る自分に嫌悪感を抱きながらも、依田に説得され監視を続ける新島。やがて岩松が暴力団・金政会の会長と接触していることが発覚する。岩松が仕事にかなりのストレスを感じていることを知った新島はカタギになってやり直すことを進めるが、岩松はなかなかその踏ん切りがつかない。その事を隠した報告書を依田は信用し、新島は組織のボス・日沼と会い、そこで金政会の会長を殺すように命令される。だが、岩松の裏切りにより計画は失敗、日沼から岩松を殺す命令が下される。新島が事務所に戻るとすでに岩松の姿はなく、依田も殺されていた。湖で見つけた岩松から日沼を殺すことを告白された新島は、岩松を殺す。そして、新島の前には新たな絶望が現れるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1997年
製作国 日本
配給 大映
上映時間 83
公開日 1998年4月11日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する