「オイディプスの刃」(1986)

【DVD発売中】

0点--
刀の収集に血道をあげる家長と、香水作りの好きな妻のいる下関のとある旧家のもとに、ラベンダーと伝説の妖刀“次吉“が持ち込まれたことから、次々と奇怪な殺人事件が起きる。第1回角川小説賞を受賞した赤江瀑の原作を映画化したミステリー・ロマン。監督は、名カメラマン・成島東一郎。

あらすじ

山口県下関の旧家、大迫家では、刀の収集を趣味にし名刀・次吉を所有する家長、耿平、耿平と先妻の子として生まれた明彦、耿平の現在の妻でラヴェンダーの香水づくりに思いを入れる香子、彼女の連れ子である駿介、耿平と香子の間に生まれた剛生、耿平の妹で先の結婚生活に破れた雪代が暮らすという複雑な人間関係が渦巻いていた。毎年、夏になると次吉の手入れのため研師、秋浜泰邦が大迫家にやって来た。彼は数年前から香子と秘かに関係を持っている。ある日、泰邦が次吉で斬殺された。それを知った香子も命を絶つ。その直後、二人の死の真実を覆い隠すかのように耿平も自殺した。雪代の頑強な主張により、明彦と剛生は大迫家に、駿介は香子の実家に引き取らせることになった。だが、剛生は家を飛び出し行方をくらます。月日が流れ、調香師となった明彦は新婚旅行で南フランスのグラースにいた。彼はそこで、香水王デュロンの秘蔵っ子で安村憲夫と名乗る男と出会う。顔も声も違うが剛生に違いないと確信した明彦は駿介に手紙で知らせた。駿介は京都でスナックを開き、友人ヒロシと起居を供にしていた。明彦は長い研究の末、ついに刀という名の新しい香水を完成させたが、フランスのマルセルが製法のほぼ同じ「KATANA」という同名の香水を発表し、悲嘆にくれた。駿介は警察に没収されたはずの次吉を持った明彦を刀剣愛好会場の門前でつかまえた。駿介の詰問に明彦は告白する。殺人事件の日、耿平は次吉を蔵に戻し、泰邦と香子の二人の血を付けた別の刀で自決したのだった。次吉に異常な執着を示す俊介に気押され、明彦は一晩だけ刀を貸した。ヒロシは泰邦の弟であることを告白する。彼の祖父は次吉が妖刀だと看破し、魔性を封じこめるようとした研師だった。その時、剛生から電話があり、彼は駿介にホテルまで来てほしいと告げる。安村はやはり剛生で「KATANA」の製作者だった。剛生は殺人事件の真相を駿介に語る。香水に酔い、次吉に魅せられた幼き駿介が無意識のうちに泰邦を殺害してしまったと。そして、息をひき取った。先を越された問題の香水の件で、カッとなった明彦が刺したのである。明彦が雪代と一緒に善峰寺へ向かったと知った駿介は後を追った。次吉で明彦を斬り、湯殿にいた雪代を引きずりだす。刀を突きつけられながら、雪代は告白した。泰邦と香子が愛し合っているのを嫉妬した彼女は、泰邦をだまして関係し想いを遂げたのだ。偶然その現場を駿介が目撃した。泰邦は母を裏切った、それが彼の潜在的殺意だった。悲劇のもとを作った雪代が安閑として生きている。許せないと俊介は次吉を振りおろした。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1986年
製作国 日本
配給 角川春樹事務所
上映時間 118
チケット 前売りチケットを購入する