「ISOLA・多重人格少女」(2000)

【DVD発売中】

35点35
『黒い家』のベストセラー作家、貴志祐介の恐怖小説を映画化。周囲で謎めいた変死事件が起こる多重人格者の少女をめぐり、おぞましくも物哀しいドラマが繰り広げられる。

あらすじ

他人の感情が読めるエンバスという特殊な能力を持っているが故に、家族からも見放され孤独な日々を送っていた由香里(木村佳乃)。自分探しの為に阪神・淡路大震災で被災した人たちの心のケアのボランティア活動に参加した彼女は、そこで多重人格障害を持つ高校生・千尋(黒澤優)と出会う。千尋には交通事故で両親を失った体験や養父である叔父から受けた性的虐待などが原因で13人の人格が宿っており、その中のひとり・ISOLAが他の12人の人格を支配しようとしていた。そんな彼女を巡って、奇妙な死亡事故が多発する。人々は彼女の生き霊の仕業だと噂したが、由香里はISOLAとの関連性を疑った。そんな矢先、彼女は西宮大学で幻覚剤を用いて幽体離脱の実験を行っていた高野弥生という研究者の存在を知る。早速、大学を訪ね弥生(渡辺真起)の講師で恋人でもあった真部に接触した由香里は、弥生が実験中に地震に見舞われ死亡していたことを聞かされる。どうやら、弥生の魂は帰るべき体を失ったが為に千尋に宿り、ISOLAとなって彼女の体を操っていたのだ。そんな弥生の魂に、自分の体を提供することを誓う真部。だが、彼の体に弥生の魂が宿った直後、彼は研究室の窓から身を投げ弥生共々命を絶ってしまうのだった。それから一年後、由香里は千尋を病院に訪ねた。そこには、人格統合への良い兆しを見せ始めた千尋の姿があった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2000年
製作国 日本
配給 東宝=「ISOLA 多重人格少女」製作委員会
上映時間 94
公開日 2000年1月22日(土)公開
カテゴリ ホラー
チケット 前売りチケットを購入する