「嵐が丘〈1988年〉」(1988)

【DVD発売中】

75点75
1986年の「人間の約束」で13年ぶりに映画界に復帰し、国内外で高い評価を得た吉田喜重監督が30年来あたためてきた企画を実現。エミリー・ブロンテの原作を、鎌倉・室町期の時代劇に翻案。能を思わせる役者の振付けや、極端に簡素に作られたセットなど独特の空間を生み出した。火の神を知る呪われた一族の娘・絹と、下人・鬼丸とのめぐり逢いを端として、一族の崩壊につながる狂気の恋愛が始まる。絹は鬼丸を愛しながらも分家へ嫁いでゆき、鬼丸を地獄へともに連れていくと誓いながら死ぬ。鬼丸は絹の墓をあばき、腐りはじめた死体をかき抱く……。“詩人ランボーの詩を思わせる“と評された一大巨編。

あらすじ

中世。父の神を祀る山部一族の東の荘の当主・高丸はある日都から鬼丸と名づけた異様な容貌の童児を連れて帰った鬼丸は下男として仕えたが、高丸の嫡子・秀丸は鬼丸に嫉妬した。秀丸の妹・絹は京に上り巫女となる身だったが、鬼丸に惹かれて一計を案じ、西の荘の嫡子・光彦に嫁ぐことにした。式の前日、鬼丸と絹は結ばれ、変わらね愛を誓い合った。高丸が侍に殺され、家を出ていた秀丸が妻・紫乃と嫡子・良丸を連れて帰り、東の荘の当主となった鬼丸が姿を消して数年後、絹は光彦との間に女児を出産した。東の荘では紫乃が野盗に輪姦さされたあげく殺され、秀丸も村の衆に惨殺された。代わって鬼丸が東の荘の当主となり、光彦の妹・妙を下女として迎えた。絹は産後の日たちが悪く、やがて息を引き取り、鬼丸には狂気が兆した。妙は鬼丸に犯された後縊死し、光彦も野盗によって殺された。絹は娘にも自分と同じ絹という名前をつけていた。母親譲りで気丈な絹は、東の荘に下女として仕えた。鬼丸は柩の中の絹と交ろうとするが、娘の絹に揶揄されたのに怒った。絹は良丸と情を通じ、二人で鬼丸を討つことにした。良丸に片腕を切り落とされた鬼丸は、絹の柩を抱えて火の山の火口へと進んでいった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1988年
製作国 日本
配給 セゾングループ
上映時間 133
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト