「あいつ」(1991)

【DVD発売中】

56点56
生まれつき体が弱く、幼なじみの貞人からいじめの対象にされている光。ある日、ひょんなことから超能力を身に着けた光は……。NHKのニューウェーブ・ドラマで注目された同局の若手ディレクター、木村淳の劇場映画デビュー作で、「女がいちばん似合う職業」の岡本健一が風変わりなエスパー少年を好演した異色の青春ドラマ。

あらすじ

東京が水没することを願う高校生・光は、幼なじみの貞人からイジメの標的にされていた。そんなある日、光は「人が死ぬ所が見たい」と口走るノストラダムスが好きだと言う一風変わった雪という少女と、彼女の祖父・忠と出会い、アロハシャツにウクレレという奇妙な服装の忠から「明日大ケガをする」と予言される。翌日、光は貞人に殴られて大ケガをし、それ以来、光の身体に不思議な能力が備わる。スプーンや百円玉を曲げたり、切れた電球を輝かせたり、それはまぎれもなく超能力だった。そのころ、「一緒に自衛隊に入らないか」と光に言い寄ったり、貞人の行動にも異常が出始めた。そして思い余って貞人は雪を誘拐。おびき寄せられた光を水責めにして悦に入る。その時、光は超能力を使ってしまい、それによって貞人の腹心の少年が死んでしまう。ショックを受けた光は、忠が住むダルマ船に転がり込む。忠は光に「ここは宇宙船であり、私は他の惑星から来た」と告げ、光は町角で地球滅亡を警告するビラ配りに付き合わされる。一方、貞人は「外人部隊に入る」と言い残し、光の前から姿を消す。そんなある日、貞人の仲間たちが光の父・力也に重傷を負わせた。そして、貞人のしわざだと思っていた光の前に再び貞人が現れる。そして、夜通しで行われる二人の死闘。共に重傷を負い夜が明けた。数日後、病院の屋上で雪と話す光。彼にはもはや超能力はなく、普通の少年の姿に戻っていたのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1991年
製作国 日本
配給 NHKエンタープライズ=キティ・フィルム=サントリー
チケット 前売りチケットを購入する