「タカダワタル的」(2003)

【DVD発売中】

90点90
デビュー35年を迎える孤高のミュージシャン、高田渡の姿を、『モル』のタナダユキ監督が追いかけたドキュメンタリー。下北沢、京都、青山、吉祥寺、大阪と、屋内外のライブ模様を丹念に拾い上げ、また自宅でのリラックスした飲み明かしぶりに迫りながら、人間・高田渡の魅力を画面に定着させている。名曲「ごあいさつ」を効果的に配した構成も秀逸。

あらすじ

いつもほろ酔い(?)のフォーク・シンガー、高田渡。そんな彼の吉祥寺界隈の散歩や、「いやだなぁ〜、やめたいなぁ」なんて思いながら35年くらい続けてきたライヴにカメラは密着する。収録される歌は、『ごあいさつ』(中津川フォーク・ジャンボリー、下北沢 ザ・スズナリ)、『仕事さがし』(下北沢 ザ・スズナリ)、『ねこのねごと』『鎮静剤』(京都 拾得)、『酒心』(青山 CAY)、『値上げ』(吉祥寺 音楽祭)、『魚つりブルース』(下北沢 ザ・スズナリ)、『69』『生活の柄』(大阪 春一番2003)、『ブラザー軒』『私の青空』(下北沢 ザ・スズナリ)の全11曲。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2003年
製作国 日本
配給 アルタミラピクチャーズ
上映時間 65
公開日 2004年4月3日(土)公開
カテゴリ ドキュメント
チケット 前売りチケットを購入する