「零〈ゼロ〉」(2003)

【DVD発売中】

54点54
『ウルトラマン2…』の杉浦太陽と『新・影の軍団…』の高野八誠。子どもたちとママたちのアイドル、ふたりの顔合わせを実現した特攻隊物語。舞台は第二次大戦終戦間近。驚異の玉砕戦法で敵国を震え上がらせた“神風特別特攻隊“に志願するのか、しないのか。恐怖とプライドの下で揺れ動き、また戦下で友情を交わした男と男の姿をじっくり追う。

あらすじ

大検を受ける若者たちが通う“久我自由学校”の教師・久我松男は、夢を持てないでいる少年たちに自身の青春時代の話をする――。九州南部。部下から“撃墜王”と尊敬を集め慕われながら、その反骨精神から上官には”分隊士殺し“と渾名され疎んじられている海軍のエース・パイロット、長谷川上飛曹の所属する小隊に久我少尉が隊長として着任したのは、太平洋戦争末期のことだった。ウマが合わず、初めは何かと衝突するふたりだが、互いに“一視同仁”と言う考え方を持つことを知り、次第に心通わせるよになっていく。しかしそんな矢先、久我に特攻志願兵を出すよう指令が下った。もとより「俺は飛行機の上では死なない。パイロットたる者、爆弾を落としてこそ仕事、爆弾ごと死んでどうする」と言って憚らない長谷川はそれを拒否するも、3人の部下が散ったと知らされた時、彼の心は激しく揺らいだ。そして、久我から教師になることが夢だったと聞かされた長谷川は、彼に夢を叶えろと言い残すと、馴染みの芸者・ゆかりとも別れ、久我を殴り彼が気絶している間に彼に代わって出撃。部下の大西と共に、見事、敵艦を撃沈させるのであった……。終戦。生き残った久我は、長谷川との約束を果たし教師となった。それから約50年、今、彼はあの頃の自分と同じ年頃の生徒たちを前にして言う。「未来を描け!」と。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2003年
製作国 日本
配給 ケイエスエス=プログレッシブ ピクチャーズ
上映時間 123
公開日 2004年1月31日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する