「嗤う伊右衛門〈わらういえもん〉」(2003)

【DVD発売中】

62点62
昨年22年ぶりに『青の炎』でメガホンを握った蜷川幸雄が早くも新作を発表。舞台でも全面的な信頼を置いている唐沢寿明を主演に、かつて『魔性の夏』でも取り上げた「四谷怪談」の世界に、京極夏彦の大胆な解釈で、再び挑む。美しく高貴な女としてまったく新たな生を与えられたお岩を『ラスト・サムライ』でも気を吐いた小雪が、力強く演じている。

あらすじ

民谷家に婿入りすることになった、嗤わぬ浪人・伊右衛門。妻の岩は、疱瘡を患い顔半面が崩れてはいたものの、卑屈なところの一切無い凛とした女だった。結婚した当初は様々な誤解から行き違いもあったが、ふたりは次第に深く愛し合うようになっていく。ところが、岩が発病する以前に彼女に袖にされたことを未だに恨みに思っている筆頭与力・伊東喜兵衛はそれが面白くなく、ふたりを巧みな奸計に陥れ、その仲を引き裂いてしまう。一年後、自分が身を引いたことで伊右衛門が幸せに暮らしていると信じていた岩は、実は彼が喜兵衛の愛人・梅とその子供を押しつけられ、不遇の暮らしを強いられていると知り愕然となる。全ては喜兵衛の謀。しかし、それを知った岩を喜兵衛は伊右衛門に斬るよう命じたのである。果たして、伊右衛門は岩を斬るも、彼女との愛を貫く為に喜兵衛に復讐すると、岩の亡骸の隣で自らの命も絶つのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2003年
製作国 日本
配給 東宝=「嗤う伊右衛門」製作委員会
上映時間 128
公開日 2004年2月7日(土)公開
映倫 PG12
カテゴリ ホラー
チケット 前売りチケットを購入する