「ラスト・サムライ」(2003)

【DVD発売中】

70点70
トム・クルーズ、渡辺謙、真田広之の競演も話題、全米賞レースを賑わすハリウッド発の時代劇。日本文学と剣術を学んで役作りに励んだトムに加え、監督は大学で日本史を専攻していた『グローリー』のエドワード・ズウィック。時代考証にこだわった上で武士道の理想郷を描き、ハリウッドだからこその壮大なスケールで極上のアクション大作に仕上っている。

あらすじ

明治維新の1870年代。西洋式の戦術を日本政府軍に教えるため、南北戦争の英雄ネイサン・オールグレン(トム・クルーズ)が来日する。だが彼はアメリカ政府のやり方に失望、また自分が果たしたインディアン討伐を悔いており、魂を失っていた。一方、武士の勝元盛次(渡辺謙)も、近代化の波により、自分の信じる武士道が崩壊しかけていることを感じていた。勝元や彼の妹たか(小雪)らと共に武家で生活することになったオールグレンは、外国文化を嫌う武士の氏尾(真田広之)らと対立しつつも、武士道に惹かれ、やがて侍たちとの絆を深めていく。そして侍たちが、政府軍を相手にした最後の戦いに臨む時、オールグレンもそこに参加。侍たちの反乱軍は圧倒的な数の政府軍に対し善戦するものの、結局は壊滅させられる。戦いの中で倒れた勝元は、名誉の死を望み、オールグレンに腹を刺してもらい息絶えた。そして生き残ったオールグレンは、亡き勝元の刀を明治天皇(中村七之助)の下に届けるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
原題 THE LAST SAMURAI
製作年 2003年
製作国
配給 ワーナー
上映時間 154
公開日 2003年12月6日(土)公開
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する