「解夏」(2003)

【DVD発売中】

70点70
『精霊流し』が映画化されたさだまさしの、もうひとつの小説の世界に、『がんばっていきまっしょい』など地方ロケ作品には定評のある磯村一路監督が挑戦。長崎を舞台に、いつ失明するかもわからない奇病に冒された青年の帰郷を見つめる。恋人との別離と和解を繰り返し、絶望と悟りを行き来する主人公の心情を大沢たかおがリアルに体現し、大いに泣かせる。

あらすじ

“ベーチェット病”と言う難病に冒され、やがて失明すると宣告された小学校教師の隆之。将来を憂い職を辞した彼は、結婚を約束した恋人で教育心理学を学ぶ陽子にも黙って故郷・長崎へ帰るが、それを知った陽子は彼を追って長崎に来てしまう。彼女の負担になってはと別れを切り出す隆之に対し、長崎に留まると言ってきかない陽子。結局、彼女は彼の実家に滞在し、論文を書きながら、徐々に視力を失っていく彼との日々を過ごすようになる。そんなある日、立ち寄った聖福寺でふたりは林と言う老僧と出会い、禅寺の修行僧の生活になぞらえて、失明するまでの期間の恐怖に堪えることは隆之にとっての“行”であり、その辛い行を経て失明した瞬間に恐怖から解放される日が彼の“解夏”である、という話を聞かされる。以来、隆之は長崎の風景を目に焼き付けようとひたすら町を歩き続け、無償の愛を捧げてくれる陽子にも「自分の目になって欲しい」と素直に言えるようになるのであった。そして、遂にその日はやって来た。薄れゆく光の中、彼が最後に見たものは陽子の涙だった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2003年
製作国 日本
配給 東宝=電通=アルタミラピクチャーズ=幻冬舎=フジテレビ
上映時間 113
公開日 2004年1月17日(土)公開
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する