「ロッカーズ ROCKERS」(2003)

【DVD発売中】

73点73
高速チューンで鳴らした伝説のロックバンド、THE ROCKERSのデビューまでの道のりを描いた青春劇。今や俳優として知られる同バンドのボーカリスト、陣内孝則が初監督に挑み、悪戦苦闘していたころの姿をコミカルにとらえていく。メンバーに扮する中村俊介や岡田義徳、塚本高史らの好演に加え、エネルギッシュなライブ・シーンにも注目。

あらすじ

「ロッカーズ」のVo.ジン(中村俊介)は、材木業を営む両親からバンド活動を反対されている。今日も父親と一悶着の末、実家を飛び出してしまう。ジンが率いるロッカーズのメンバーは、筋肉マニアで女に惚れっぽいDrs.モモちゃん(岡田義徳)。合法ドラッグにハマッっていつもヨレヨレ状態のB.ガクちゃん(佐藤隆太)。女系家族で育ち内股で占いマニアのG.コーちゃん(塚本高史)の腐れ縁4人組。4人で奏でるロックン・ロールに限界を感じたジンは、新メンバーを募集する。早速オーディションを開始したまでは良かったが、いまいちピンとくる人材に出会えず失望する。そこに登場したのが、謎のサングラスの男だった。抜群のテクニックをもつG.タニ(玉木宏)の加入をきっかけに、真剣にプロを目指し始めたロッカーズのメンバーたち。「時間がないんだ!」。いつも冷静なタニだったが、時として信じられないほどの焦りを見せる。失明するかもしれないという目の病を抱えているタニには、時間が残されていなかったのだ。だがそれを決して他のメンバーたちに告げることなく、タニはひとり練習に打ち込む。そんなタニに触発され、馬鹿騒ぎの日々に終止符を打ち、ひたむきに自分たちのロックを追及するロッカーズ。練習に練習を重ね、着実に人気・実力を身に付けてゆき、プロへの登竜門『ビート・ビッグバン!』コンテスト出場が決定する。そんな彼らの一番のライバルは、ビジュアル系バンド「リップオフ」だ。多くの女性ファンを持つVo.桜井(玉山鉄二)率いるリップオフは、常にロッカーズの一歩先を行き、事あるごとにロッカーズをバカにしてきた。「あいつだけには絶対負けない」。固く心に誓うメンバーだったが、大切な日を目前にしてタニの病状は悪化する……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2003年
製作国 日本
配給 ギャガ=「ROCKERS」製作委員会
上映時間 105
公開日 2003年9月27日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する