「精霊流し」(2003)

【DVD発売中】

59点59
原作はミュージシャンのさだまさしが、かつてヒットした自身の名曲を基に描いた自伝的小説。長崎の伝統的行事である精霊流しを象徴的に扱い、深い家族愛を美しく幻想的に紡ぎ出した。監督は『化粧師/kewaishi』など映像美に定評のある田中光敏。そして、母を演じる松坂慶子と高島礼子の競演も見どころ。それぞれに、息子への母性を魅力的に表現している。

あらすじ

幼くして長崎の親元を離れ、母・喜代子の夢でもあるヴァイオリニストになる為に、鎌倉に暮らす母の妹・節子の家から東京の学校に通うことを選択した雅彦。しかしそれから十数年後、大学生になった彼は車の修理工場のアルバイトに精を出すばかりで、既に亡くなった母の想いがこもったヴァイオリンは部屋の隅に置き去りにされていた。ある日、節子が離婚して故郷・長崎に帰ってしまった。突然のことに戸惑いを隠せない先妻の息子・春人。節子を本当の母のように慕う彼の気持ちをおもんばかり、雅彦は叔母の勝手な振る舞いに憤るのだが、一方で彼は幼なじみの徳恵からの愛の告白を受け止められずにいた、そんな半端な自分に悩む雅彦に、更なる衝撃が襲う。それは、節子を追って長崎に行った春人の自殺と、徳恵が春人の子供を宿していたこと、そして自身の出生の秘密だった。実は、雅彦の生みの母は節子であり、しかも彼女は被爆が原因で血液の癌に冒され余命幾ばくもなかったのである。そのことを父・雅人から聞かされた雅彦は一旦は愕然とするも、やがて節子と喜代子のふたりの母の愛情の深さを理解し、再び音楽の道を歩むことを決意する。節子が他界した。彼女の遺志通り立派な精霊船を造った雅彦は、精霊流しの晩、節子と春人の御霊をそれに乗せて海の彼方へ送り出す。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2003年
製作国 日本
配給 日活=東北新社=「精霊流し」製作委員会
上映時間 109
公開日 2003年12月13日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する