「集団殺人クラブ」(2003)

【DVD発売中】

24点24
単館上映ながら口コミで話題が広がり、海外の映画祭にも招待された和製スプラッタ・ホラー。いつもなんとなくツルんでいる5人の女子高生。ある日、その中の一人が起こした事件がきっかけで、5人は恐怖のどん底に突き落とされる。女子高生がチェーンソーで死体を切断するシーンなどが繰り返し映し出され、ショッキングだ。ナゾのゾンビ、タケゾウを個性派、遠藤憲一が悪ノリ気味の怪演で見せる。

あらすじ

仲が良い訳では無いけれど、いつも連んでいる女子高生の弘恵、サチ、倫子、香奈美、ゆかりの5人組。ある日、弘恵が援助交際の相手・タケゾウを誤って殺してしまった。事件を隠蔽すべく5人はタケゾウの死体を山中へ埋めるが、蘇ったタケゾウは彼女たちを次々に血祭りにあげていく。実は、彼はこれまでにも自分をふった女たちを殺し、それを巻物に記録していたのである。果たして、壮絶なサヴァイヴァル・バトルの末、最後に残った弘恵もタケゾウの犠牲となるのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2003年
製作国 日本
配給 ケイエスエス
上映時間 71
公開日 2003年5月3日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する