「花とアリス」(2004)

【DVD発売中】

77点77
『リリイ・シュシュのすべて』以来となる岩井俊二監督の新作長編。憧れの先輩が頭を打ったことから“催眠術“をかけ、恋を成就しようとする女子高生と、彼女の“脚本“に参加させられた彼女の親友。ふたりの絆と、皮肉な“ことの次第“を、柔軟な映像で追いかける。相米慎二や大林宣彦といった名匠たちの少女映画の傑作と互角に渡り合う、会心の一打だ。

あらすじ

一目惚れした先輩・宮本と同じ落語研究会に入部した高校生のハナ。ある日、宮本がガレージのシャッターに頭をぶつけて意識朦朧としているどさくさに紛れて、自分が今カノだと信じ込ませることに成功した彼女は、その嘘の為に幼なじみの親友で、モデルを目指すアリスを宮本の元カノ役=共犯者として巻き込んだ。ところが、このことがきっかけで宮本はアリスに好意を寄せるようになり、アリスもまた宮本に心惹かれるようになっていく。ハナに隠れてデートを重ねるアリスと宮本。しかし、そんな関係がいつまでも続く筈がなく、アリスはハナの為に身を引くが、ハナの嘘も宮本にばれ、彼女は失恋するのであった。その後、オーディションでバレエを披露し合格したアリスがファッション誌の表紙を飾り、それを機にハナとアリスは仲直りする。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2004年
製作国 日本
配給 東宝=ロックウェル・アイズ-H&A Project
上映時間 135
公開日 2004年3月13日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する