「ナイン・ソウルズ」(2003)

【DVD発売中】

63点63
『青い春』の豊田利晃の監督第4作。9人の脱獄者の道行きを、絶望と希望、哀切と痛切が交錯する映像タッチで描き出す。『青い春』の松田龍平、『ポルノスター』の千原浩史、鬼丸と豊田組が集結。

あらすじ

薄暗い刑務所の13号室に、10年間の引きこもり生活の末、父親を殺害した金子未散(松田龍平)が入室した。そこには未散以外に9人の男たちがいた。室長的存在の長谷川虎吉(原田芳雄)は、息子殺しで服役中。伝説の暴走族の車一馬(千原浩史)は、仲間を4人殺している。生まれつきの不良で孤児院育ちの宍戸ラン(鬼丸)。AVの帝王、亀井富士夫(板尾創路)は恋人の浮気を知り、相手の男を殺した。猿渡清(KEE)は横須賀のプッシャー。かつては医者だった白鳥ひでみ(マメ山田)は、患者の申し出を断りきれず、自殺ほう助の罪で逮捕。乾真一(鈴木卓爾)は爆弾魔で懲役15年。牛山一郎(大楽源太)はキレたら止まらない男だ。自称元偽札王の山本(國村隼)は、自分が通っていた小学校に、タイムカプセルに入った大金を隠してあると話し、13号室を去っていった。ある日、ふとした偶然から抜け穴を見つけた9人は、みごと脱走に成功。山中でヒッチハイクした赤いバンを乗っ取り、山本が話していた富士山麓の小学校にあるお宝を目指して走り出した。途中、虎吉の刑務所仲間だった中山(井上順)という男の家に強引に押し入ったり、神社の賽銭を盗もうとしたり、女装して食堂に入るなど、道中はいたって騒々しく流れていく。最初はお互いに反目しあいながらも、徐々に一つの仲間になろうとしていた9人だが、未散だけは心を開くことが出来ずにいた。途中、偶然に見つけたストリップ小屋でストリッパーのユリナ(伊東美咲)と運命的な再会を果たした白鳥は、バンを降りた。8人となった男たちは、何とか目的地である小学校に辿り着く。しかしそこで見つけたのは、タイカプセルに入った大金ではなく、小さなガラスの鍵だった。途方に暮れながらも、不思議と彼らの心には連帯感、充足感、生きることへの希望が生まれはじめていた。そして、男たちは囚われる前に失くしてしまったものを取り戻すこと、やり残したことへの決着を心に誓い、再び長い旅を続けていく…… 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2003年
製作国 日本
配給 東北新社=リトル・モア=「ナイン・ソウルズ」製作委員会
上映時間 120
公開日 2003年7月19日(土)公開
映倫 PG12
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する