「blue」(2001)

【DVD発売中】

67点67
『南瓜とマヨネーズ』などで知られる魚喃キリコの同名傑作コミックを映画化。初主演作にして第24回モスクワ国際映画祭で最優秀女優賞に輝いた市川実日子の魅力溢れる演技が印象的。

あらすじ

高校3年生のカヤ子は同じクラスの雅美に興味を抱いていた。彼女と親しくなり、彼女のちょっと大人びた世界に憧れるカヤ子。やがて、それは恋心へと変わっていった。ある日、合コンで知り合った学と勢いでセックスしてしまったことを、彼に想いを寄せる親友・千加になじられたカヤ子は、慰めてくれた雅美に気持を告白する。そんなカヤ子に、雅美も好きだと言ってくれた。しかし夏休み、雅美はカヤ子に黙って以前付き合っていた年上の男に会いに行ってしまう。その男とは不倫の関係で、かつて彼女はその男の子を妊娠、中絶していた。2年の時に停学になったのも、それが原因だった。そのことをカヤ子は雅美の友人・中野から聞くが、帰って来た雅美は彼女に嘘をついた。それは、カヤ子にとって悲しい裏切りだった。その後、カヤ子は絵に没頭するようになる。雅美のことは許せなかった。しかし、それは彼女が好きだったから。ある日、カヤ子と雅美は一夜を明かして語り合い、キスを交わす。春が来て、カヤ子は東京の大学へ進んだ。そんな彼女に雅美からヴィデオ・レターが届く。そこには雅美のお気に入りの浜辺から見た海が映っていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2001年
製作国 日本
配給 オメガ・ミコット=スローラーナー=衛星劇場=広見
上映時間 116
公開日 2003年8月30日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する