「最後の恋,初めての恋」(2003)

【DVD発売中】

62点62
オール上海ロケで描く日中合作のラブ・ストーリー。人生に絶望した日本人男性と中国人姉妹。3人が織り成す切ない愛の物語を、『うつつ』の当摩寿史が魅惑的な映像で紡ぎ上げる。恋によって人生を再出発させる男に渡部篤郎、彼の心を動かす対照的な美人姉妹を『スパイシー・ラブスープ』のシュー・ジンレイと『至福のとき』のドン・ジェが好演している。

あらすじ

2003年、上海。日本の自動車メーカーの東京本社から上海支社に転任してきた早瀬高志(渡部篤郎)には、辛い過去があった。婚約者が自分の親友の滝本司(松岡俊介)の車に同乗中に、事故死したのだ。愛と友情に同時に裏切られた早瀬の傷口は、半年経っても無残に開いたままだった。歓迎会の席でもほとんど口をきかない早瀬を、心配そうに見守る支社長の恩田聡(石橋凌)。早瀬は黙って先に帰り、路地のバーで一人グラスを空け続けた。会社が用意した五つ星ホテルにたどり着いた早瀬は、かなり酔っていた。心配そうに様子をうかがうフロント係のファン・ミン(シュー・ジンレイ)。部屋に入り、酒と一緒に無造作に睡眠薬を飲み下す早瀬が床に倒れた時、ちょうどドアの外にミンが立っていた。異変に気付いたミンは迅速に対処、救急車で運ばれていく早瀬は薄らぐ意識の中で、誰にも知らせないでほしいとミンに頼むのだった。ミンが病院にスーツを届けてくれたおかげで、何事もなかったかのように出社した早瀬は、ホテルから社宅のマンションに移る。バッグを開けると、睡眠薬の小瓶に「身体に気をつけて」という手紙が添えてあった…。それが二人の初めての出会いだった。母亡き後、仕立て屋を営む父、妹のリン(ドン・ジェ)と過ごす時間だけが、ミンの心の支えだった。彼女は重い病を患い、いつ来るとも知れない死を、常に覚悟して生きていた。何も知らないリンは、今日も彼女に思いを寄せるトート(チェン・ボーリン)のバイクにまたがって、慌ただしく大学へ向かう。恩田から上海大学の企業向け中国語研修を受けるよう命じられた早瀬は、しぶしぶ上海大学へ向かう。誰もいなくなった教室には、リンだけが一人ぽつんと待っていた。誰もやりたがらない“先生役”を教授にだまされて押し付けられたのだ。ところが早瀬は、毎回授業したことにしてやめようと提案する。早瀬と親しくなりたいリンは、授業を自宅でやるからと彼を招待する。買物に出たミンは、通りで早瀬と会い、リンの生徒が彼だと知る。ミンが作った上海料理がずらりと並んだ食卓は、やわらかな光に包まれ、優しさに満ちていた。ある時、早瀬とミンは街で偶然出会う。早瀬があの時、死のうとした事を知ったミンは「死にたいと思って生きているのと、生きたくても死ぬの、どっちが辛いかしらね」と憤る。人生なんかどうなってもいい、そう思ったから仕事も投げやりになっていた早瀬は、ミンにだけはそんな自分を恥ずかしいと思った。それぞれの秘密にためらいながらも、二人の距離は少しづつ近づいていく。そんなある日、早瀬は上海大劇院のコンサートにミンを誘う。恋の予感を喜びながらも、妹を思いミンは出掛けるのをためらうのだが、そんなミンの背中を父親が優しく押した。タクシーで駆けつけたミンを、早瀬はしっかりと抱きしめる。お互いの全てを抱きしめあう二人。しかし、二人を探していたリンがそこへ現れる。駆け出すリンを二人で追いかけるが、ミンは高まる鼓動に耐え切れず、歩道に崩れ落ちる。病院に運ばれたミンは、自分の秘密を知ってしまった早瀬に別れを告げるが……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2003年
製作国 日本=中国
配給 松竹=「最後の恋,初めての恋」FILM PARTNERS
上映時間 118
公開日 2003年12月20日(土)公開
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する