「お葬式」(1984)

【DVD発売中】

65点65
伊丹十三の初監督作品。自らの体験をもとに1週間で書き上げたシナリオを、ユーモアとアイロニーを織りまぜて軽妙な演出で映画化した。「お葬式」というタイトルは、公開当初は暗くて誰も観にこないと懸念されたが、予想外の大ヒットを記録し、各映画賞を総ナメにした。妻の父が急死したため、俳優の井上佗助はビデオで葬式の時の挨拶を勉強し、式に臨む。式には親戚をはじめ実に多彩な人物たちが集まっていた。

あらすじ

井上佗助、雨宮千鶴子は俳優の夫婦だ。二人がCFの撮影中に、千鶴子の父が亡くなったと連絡が入った。千鶴子の父、真吉と母、きく江は佗助の別荘に住んでいる。その夜、夫婦は二人の子供、マネージャーの里見と別荘に向かった。一行は病院に安置されている亡き父と対面する。佗助は病院の支払いを里見に頼み、20万円を渡すが、費用は4万円足らず、その安さにおかしくなってしまう。佗助にとって、お葬式は初めてのこと、全てが分らない。お坊さんへの心づけも、相場というのが分らず、葬儀屋の海老原に教えてもらった。別荘では、真吉の兄で、一族の出世頭の正吉が待っており、佗助の進行に口をはさむ。そんな中で、正吉を心よく思わない茂が、千鶴子をなぐさめる。そこへ、佗助の愛人の良子が手伝いに来たと現れる。良子はゴタゴタの中で、佗助を外の林に連れ出し、抱いてくれなければ二人の関係をみんなにバラすと脅した。しかたなく、佗助は木にもたれる良子を後ろから抱いた。そして、良子はそのドサクサにクシを落としてしまい、佗助はそれを探して泥だらけになってしまう。良子は満足気に東京に帰り、家に戻った佗助の姿にみんなは驚くが、葬儀の準備でそれどころではない。告別式が済むと、佗助と血縁者は火葬場に向かった。煙突から出る白いけむりをながめる佗助たち。全てが終り、手をつなぎ、集まった人々を見送る佗助と千鶴子。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1984年
製作国 日本
配給 ニュー・センチュリー・プロデューサーズ=伊丹プロダクション
チケット 前売りチケットを購入する