「OKITE・やくざの詩〈うた〉」(2003)

15点15
ベテラン俳優、松方弘樹が60歳にして初監督に挑んだ極道アクション。恩人のために、死を覚悟して戦いに挑むアウトローの生きざまを描く。加藤雅也と吉川晃司のバトルの熱演も見もの。

あらすじ

新宿・歌舞伎町。敵対する大野組との抗争の中で、渡世の親と慕う組長を殺害された日下組の顔・寺島。それがかつての親友で、今は大野組のバックに暗躍する関東合田連合会若頭・川又の指図によるものだと知った彼は、跡目を継いだ日下の実弟・実の指示を無視し、合田連合トップの合田を狙撃。大怪我を負わすも、逆に日下組を窮地に追い込み、破門を言い渡されてしまう。だが、それで諦める寺島ではなかった。元極道の鎌田の協力を得て合田殺害に成功した彼は、更に川又との男のプライドを懸けた対決に挑み、壮絶な戦いの末、川又を倒すのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2003年
製作国 日本
配給 東映ビデオ
上映時間 106
公開日 2003年3月22日(土)公開
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する