「ぼくはうみがみたくなりました」(2009)

画像

【DVD発売中】

73点73
自閉症児の青年と看護学生がひょんなことから海へ向かう旅へ――。原作は自閉症児の長男・大輝君の父親である脚本家の山下久仁明が「ひとりでも多くの人たちに自閉症のことを知ってほしい」という想いから2002年に書き下ろした同名小説。大輝君を突然の事故で失って3年。全国の賛同者1000人以上の寄付金をもとに、ついに完成した心温まるヒューマンドラマ。

あらすじ

看護学生の明日美(大塚ちひろ)は、人生に行き詰まりを感じながら過ごしていた。ある日、明日美の愛車である黄色いステップワゴンを、1人の青年・淳一(伊藤祐貴)が見つめているのを見つける。淳一が、明日美が高校時代に好意を寄せていた同級生に面影が似ていたことから、明日美は声をかける。淳一は明日美の誘いを断ることもなく、車の助手席に乗り込んでくる。2人は海をめざすが、明日美は淳一の言動が変わっていることに気づく。淳一は自閉症だった。最初は戸惑った明日美だが、2人のドライブは行く先々の人を巻き込み、たくさんの驚きとささやかな幸福を明日美にもたらしていく。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 『ぼくはうみがみたくなりました』製作実行委員会
ヘッド館 東京都写真美術館ホール
上映時間 103
公開日 2009年8月22日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する