「鶴彬 こころの軌跡」(2009)

画像

60点60
昭和初期、戦争に突入していく暗黒の時代に、川柳の革新と芸術的向上を目指し、その川柳を武器に、反戦・反権力を貫いた鶴彬。生誕100年を迎える今、鶴の作品と生き様を通して危うい現代に鮮烈なメッセージを届けたいという、地元・石川県民の熱い思いが異色のドキュメンタリー・ドラマとして結実。監督は『郡上一揆』の名匠・神山征二郎。

あらすじ

日本が戦争への道を歩んでいった昭和初期。“暁を抱いて闇にゐる蕾”、“手と足をもいだ丸太にしてかへし”など、数多くの反戦川柳を詠んだ作家、鶴彬(池上リョヲマ)。本名は喜多一二といい、1909年1月に石川県河北郡高松町で生まれる。だが、すぐに子供のなかった叔父夫妻に引き取られ、養子となる。同じ町内に実父母兄妹がいたが、8歳の時に実父と死別。やがて母も再婚すると遠く離れて暮らすことに。やがて、石川啄木に憧れた少年は、日本海を眺めながら詩を書き始める。当初はロマンチックな作品を好んだが、戦争へと突き進む暗く重い時代の中で、次第にプロレタリア文学に傾倒。社会運動の高まりに影響を受け、19歳で全日本無産者芸術連盟高松支部を結成、反戦句で戦争反対を訴える。1930年、21歳で金沢歩兵第七連隊に入隊すると、日本共産青年同盟の機関紙“無産青年”を持ち込むなどの反戦活動を展開。治安維持法違反で逮捕され、懲役2年の刑に服する。日中戦争が開始された1937年には“万歳とあげて行った手を大陸へおいて来た”、“高梁の実りへ戦車と靴の鋲”、“屍のゐないニュース映画で勇ましい”などの作品を発表し、再び治安維持法違反で東京の野方署に留置される。翌年、赤痢に感染すると、勾留されたまま病院で死亡。享年29歳。1938年9月14日に息を引き取るまで、一度として反戦の主張を曲げることはなかった。警察病院で燃え尽きたその遺骨は高松へ帰ることなく、兄の手で岩手県盛岡市の光照寺で手厚く葬られた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 映画『鶴彬 こころの軌跡』製作委員会
ヘッド館 ポレポレ東中野
上映時間 90
公開日 2009年7月4日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する