「色即ぜねれいしょん」(2009)

画像

【DVD発売中】

71点71
個性派俳優・田口トモロヲの監督第2作は、好評だった前作『アンデン&ティティ』と同じみうらじゅん原作の青春映画。'74年の京都を舞台に、恋愛やロックな生き様に憧れながらも平凡で退屈な毎日を送る高校生が、夏休みに友人と“フリーセックスの島“を目指して旅に出る……。主演は高校生パンクバンド“黒猫チェルシー“のボーカル・渡部大知。

あらすじ

1974年、京都。仏教系男子校に通う高校一年生の乾純(渡辺大知)は、おかん(堀ちえみ)とおとん(リリー・フランキー)に何不自由なくかわいがられて育ってきた。だが、ヤンキーたち体育会系が幅を利かせている学校では肩身が狭く、ボブ・ディランに憧れてロックな生き方を目指しているが、何かに反抗する勇気もない。その上、小学校の頃から片思いの同級生・足立恭子(石橋杏奈)には告白すらできず、平凡で悶々とした日々を過ごしていた。そんなある日、純は同じく文科系男子の伊部と池山から隠岐島への旅に誘われる。彼らによると、隠岐島のユースホステルにはフリーセックス主義者が集まるらしい。数日後の深夜、重いギターケースと旅行バッグを手にした純は、待ち合わせ場所の京都駅でタバコに火をつけ、ロックミュージシャン気分に浸っていた。合流した伊部と池山に「ギターなんてずるい」とからかわれながら、夜行列車とフェリーを乗り継ぎ、浮かれ気分で隠岐島へと向かう。ところが、ユースホステルに到着してみると、想像よりはるかにショボいその外観に3人はがっかり。しかし、大きな夢を熱く語るヘルパーのヒゲゴジラ(峯田和伸)や、母親以外の女性で初めて仲良くなった女子大生のオリーブ(臼田あさ美)たちとの自由で気ままな時間が3人を魅了していく。そして知らず知らずのうちに、夏の旅は3人の絆も深めていった。結局、フリーセックス主義者はひとりも見つけられなかったが、いくつもの出会いと別れを経験した3人は少し大人になれた気がしていた……。夏休みが明けて二学期。学校も何ひとつ変わっていなかったが、純の中には何かが芽生え始めていた。自由を感じた島での時間、オリーブとの再会、ヒッピー風家庭教師(岸田繁)からの妙なアドバイス、そして授業で初めて意味を知った“色即是空”という言葉に後押しされ、純は文化祭のコンサートに出演することを決意する……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 スタイルジャム
ヘッド館 シネセゾン渋谷
上映時間 114
公開日 2009年8月15日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する