「蟹工船〈2009年〉」(2009)

画像

【DVD発売中】

49点49
『疾走』から実に4年ぶりに届いたSABU監督の新作は、格差社会の現代を生きる若者たちに共感を呼び、再び脚光を浴びることとなった小林多喜二の同名小説の映画化。劣悪な労働環境下にある蟹工船を舞台に、虐げられる労働者と、彼らを酷使する監督者の間に起きる騒動を描き出す。監督自身が「現代に生きる若者すべてに贈る」と断言する意欲作。

あらすじ

出稼ぎ労働者たちがカムチャッカ沖で蟹を獲り、船上で缶詰に加工する蟹工船・博光丸で、雑夫・宮口(高谷基史)が監視の目を盗み脱走を試み、失敗する。博光丸の労働者たちは監督・浅川(西島秀俊)から人間扱いされず、劣悪な環境におかれ、安い賃金で過酷な労働に従事していた。そして仕事の後は、自分たちの境遇を自慢げに語り合っていた。漁夫・新庄(松田龍平)は来世に希望を見出そうと語り、集団自殺を促す。しかし決行の瞬間、誰も死ぬことはできなかった。労働者たちは、新庄の言葉に乗せられたことを笑い合う。その後、彼らはさらに辛い重労働へ駆り出される。そして極限状態の中、仲間同士の内紛が勃発する。ある日、新庄と漁夫・塩田(新井浩文)は漁に出て、博光丸からはぐれてしまう。彼らはロシア船に助けられ、ロシア人たちの陽気な宴を目の当たりにし、自由な世界を知る。そのころ、脱走に失敗した宮口は、折檻を受けトイレに閉じ込められていた。宮口は意識が朦朧とする中、何かを訴えるように扉を叩く。その音は、蟹工船の全ての乗組員の耳に届いた。やがて、宮口は絶命する。若い雑夫が生きることに絶望し、極寒の海に飛び込もうとする。それを、ロシア船から戻ってきた新庄と塩田が救う。新庄は、夢見るだけでなく行動することが必要だと訴え、一斉蜂起を呼び掛ける。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 IMJエンタテインメント
ヘッド館 シネマライズ
上映時間 109
公開日 2009年7月4日(土)公開
カテゴリ 社会派ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する