「細菌列島」(2009)

画像

【DVD発売中】

15点15
ある日、日本を襲った未曾有の細菌。それは感染すると死に至ると同時に……“キタ国“の将軍様の顔になってしまうとんでもないウィルスだった!将軍様の息子、謎の諜報員、オカマ刑事…強烈なキャラクターを総動員して描く細菌パニック・コメディ。竹中直人が将軍様に扮するほか、嶋大輔、前田健ら個性的な俳優陣たちが破天荒な演技を見せる。

あらすじ

新潟のとある病院に、細菌に感染した1人の患者の絶叫が響きわたる。その患者は突然、“ふ、ふるしちょふ!”と叫ぶと同時に顔が爆発し、体液が蒸気のように噴出して死んでいった。死んだ患者の顔は丸々と膨れ上がり、髪は天然パーマのように逆立っている。その姿は、“キタ国”の将軍様(竹中直人)そっくりであった。その未知の細菌の潜伏期間は数時間から1日で、発病すると48時間以内にせん妄状態に陥り、ほぼ100%の確率で死に至る。将軍様の息子で後継者である月岡正一(須藤謙太朗)は日本に潜入し、側近・鬼木(嶋大輔)が献身的に支えてくれるのを無下にあしらいながら、一般市民としてひっそりと暮らしていた。しかし、別れた恋人で、細菌に感染した患者を救おうとする医師・水橋いずみ(三輪ひとみ)の息子・翔太が細菌に感染したことを知り、息子を救うために行動を起こす。だが、正一の命を狙うCIA諜報員・ボンザノ(パンツェッタ・ジローラモ)、オカマの防衛大臣・神山(大堀こういち)とオカマの刑事・室田(前田建)、細菌の感染元を謎の惑星“ステルス”だと断定する天文学者・柄本(伊藤幸純)、謎のヘルス嬢・イブ(原紗央莉)たちが正一の行く手を阻む。さらに、正一の隣に住む吉田(石野真子)も、極秘ミッションを抱えていた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 ジョリー・ロジャー
ヘッド館 シネマート新宿
上映時間 82
公開日 2009年4月4日(土)公開
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する