「腐女子彼女。」(2009)

画像

【DVD発売中】

57点57
累計アクセス数が1100万を突破し、書籍化・コミック化もされた人気ブログ『腐女子彼女。』がついに実写化。どこにでもいる普通の青年と、妄想オタク系の美人OLの恋愛模様をコミカルに描いていく。『旅立ち〜足寄より〜』の大東俊介が腐女子に恋する大学生ヒナタを、『仮面ライダー電王』シリーズの松本若菜が妄想系の腐女子ヨリコを演じる。

あらすじ

純朴で気のいい大学生の諏訪ヒナタ(大東俊介)は、面倒見がよく仕事もできるバイト先の社員ヨリコ(松本若菜)に惚れ、告白する。彼の想いは実り、晴れて彼氏彼女の関係となるが、それが苦難の始まりだった。実はヨリコは“腐女子”。その言葉の意味もわからず付き合い始めたヒナタだったが、彼女はアニメやボーイズラブを愛するオタクだったのだ。デートの場所は“執事喫茶”。そこで同人誌を作っているカスミ(EMI)、人気コスプレイヤーで専業主婦のミルク(秦みずほ)たちに紹介されたヒナタは、執事っぽいという理由から“セバスチャン”と名付けられる。さらにはアニメショップへ連れて行かれ、ボーイズラブ本の大量購入に付き合わされる羽目に。見たこともない光景にカルチャーショックを受け、愛を見失いそうになるヒナタ。親友のコージ(古川雄大)に道で会っても、ヨリコを彼女だと紹介できない。ある日、彼女との付き合いが長続きする理由をコージに尋ねると、“趣味が合う”、“一緒にいて落ち着く”などの言葉が並ぶ。そんな心境とは無縁のヒナタは動揺。そんな気持ちを知らないヨリコは、彼の部屋にボーイズラブの本やゲームを続々と持ち込む日々。さらにはヒナタとコージのよからぬ妄想まで……。実はヨリコには以前、腐女子であることが理由で失恋した経験があったのだ。ヨリコの心の傷を知り、変わらぬ愛情を告げるヒナタ。こうして2人はアニメイベントやコスプレショップでのデートを重ねていく。次第にヨリコの影響を受け、腐女子の彼氏としてキッチリ染まっていくヒナタ。だが、突然ヨリコから衝撃的な告白を受ける。それは、ヨリコがどのように進んでも痛みが残る、ある決断を必要としていた。ヨリコを想うヒナタが取った行動とは……? 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 エスピーオー
ヘッド館 シネマート新宿
上映時間 97
公開日 2009年5月2日(土)公開
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する