「勝手にしやがれ!!英雄計画」(1996)

【DVD発売中】

80点80
ヤクザ追放の市民運動に巻き込まれた雄次と耕作。やがて、運動の首謀者の悪行を知った雄次は、狙撃事件の濡れ衣を着せられ住み慣れた街にいられなくなるが……。大胆な長回しショットも映える、シリーズ最終作。

あらすじ

ある日、ヤクザに追い回されていた雄次と耕作は、バカが付くほどの正義漢の青柳という男と出会った。彼がヤクザにも注意をうながしたお陰で雄次たちは助かり、彼を気に入った雄次は今後も協力すると約束する。青柳は雨宮というヤクザを追放するための市民運動に参加しており、彼の妹・玲子にも頼まれて、雄次はこの追放運動を手伝うことになった。しかし、雨宮は無作法なばかりでとても追放すべき悪徳ヤクザとは思えない。雨宮に気に入られてしまった雄次は、実は彼がただの畳屋だと知るが、ヤクザを気取る雨宮に口止めされる。追放運動も下火になった頃、青柳が脚を撃たれる事件が起きて運動が再燃。雄次は仕方なく雨宮に町を出るよう説得し、そのままヤクザを追い出した町の英雄となってしまった。町出身の国会議員もやってきて町中が浮かれる中、雄次はあの銃撃事件が青柳の自作自演だったと気付く。ところが青柳の通報により青柳狙撃の濡れ衣を着せられてしまった雄次は、耕作たちの前から姿を消した。一年後、政治家となった青柳は町の浄化運動を強固に推し進め、ホームレスの人々を圧迫していた。ホームレスは闘争を繰り広げ、玲子もそれに加わっていた。浄化によって町が住みにくくなったとぼやく耕作の前に、密かに某所のホームレス闘争のリーダーとなっていた雄次と雨宮が帰ってくる。雄次たちは青柳を誘拐して彼の“弱み”をテープに録音するが、青柳は逆に玲子を人質にしてテープを取り返し、雄次たちの立てこもった場所が警官に包囲されてしまう。雄次と耕作は銃声が響きわたり煙棚引く暗闇の中を静かに突き進んでいった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1996年
製作国 日本
配給 ケイエスエス
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト