「バトル・ロワイアル II/鎮魂歌〈レクイエム〉」(2003)

【DVD発売中】

40点40
戦争を強いられる子どもたちの苦悩を鮮烈に描いた、故・深作欣二の衝撃作の続編。訳もわからず死んでいく中学生たちの切なさや、前作で生き残りテロリストとなった七原の苦悩に肉迫!

あらすじ

七原秋也と中川典子がBR<バトル・ロワイアル>を生き抜いて3年、新たに施行された新世紀テロ対策特別法“BR II”の下、全国から問題児ばかりを集めた鹿之砦中学校3年B組の生徒、教師キタノの娘・シオリを含む24人がゲームに参加することになった。今回のルールは、「1.国際指名手配中の反BR法テロ組織“ワイルド・セブン”のリーダーで、全ての大人に宣戦布告した七原を殺せば勝ち」「2.制限時間は三日間」「3.ペアタッグマッチ」の3つ。果たして、七原たちワイルド・セブンの立て籠もる孤島に送られた生徒たちは様々な武器を手に戦闘を開始し、シオリや拓馬を始めとする数名がアジトへと辿り着く。だがそこで、七原の、自由と平和を奪った大人たちへの戦いの意義を知った彼らはワイルド・セブンと手を組み、BR実行委員会に反撃の狼煙を上げることに。ところが、この事態に世界の警察を自負する“あの国”が激怒。慌てた政府は、ワイルド・セブンに総攻撃を仕掛ける。そして、壮絶な銃撃戦が展開され、ゲームは勝負のつかないまま終了された。三ヶ月後、春。中東のある国へ逃げ延びた3年B組の生き残りと彼の地に潜伏していた中川典子は、生死不明に再会する。だがそれも束の間、彼らはまたそれぞれの戦いへと旅立っていくのであった…。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2003年
製作国 日本
配給 東映=ギャガ=東映ビデオ=日本出版販売=WOWOW=TOKYO FM=セガ=テレビ朝日=深作組=東映エージェンシー
上映時間 133
公開日 2003年7月5日(土)公開
映倫 R15+
カテゴリ バイオレンス
チケット 前売りチケットを購入する