「星に願いを。」(2002)

【DVD発売中】

60点60
『黄泉がえり』の竹内結子主演による、泣かせるロマンティック・ストーリー。別人として甦った青年と、彼に気づかない女性の“すれ違い“を、『ごめん』の冨樫森監督が正攻法の演出で描く。

あらすじ

函館。3年前の交通事故で、失明し声まで失ってしまった青年・笙吾は、担当の看護師・奏の献身的な看護と厳しいリハビリによって生きる勇気を取り戻した。以来、互いに特別な感情を抱くようになったふたり。ある日、渡米して手術を受ければ笙吾の視力が回復するかもしれないという話を担当医から聞いた奏は、笙吾に「一緒にアメリカに行こう」と告げ、彼はそれを受け入れる。ところがその夜、車にはねられ病院に担ぎ込まれた笙吾は奏の前で息絶えてしまう。失って初めて笙吾の存在の大きさに気づき愕然とする奏。看護師としての自信までも失った彼女は、辞職を決意する。そんな奏の前に“流星の力”で数日間だけ別人として再び命を与えられた笙吾が現れる。だが、流星との約束で本人だと悟られてはならない笙吾。身分を偽り、生前の想いを伝えようとするが、見知らぬ彼に奏は頑なに心を閉ざすばかり。しかし、交通事故に遭い病院に運ばれた奏の身重の姉・沙希を前に立ち竦むだけの奏を打った笙吾の一発の平手が彼女を仕事へ復帰させ、彼が笙吾であることを気づかせた。星空の下、想いを伝え合う奏と笙吾。だがその直後、笙吾は奏の前から消え、天に召されていくのだった…。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2002年
製作国 日本
配給 東宝=「星に願いを。」フィルムパートナーズ
上映時間 106
公開日 2003年4月12日(土)公開
カテゴリ ファンタジー
チケット 前売りチケットを購入する