「SRサイタマノラッパー」(2008)

画像

【DVD発売中】

67点67
ライブハウスもレコ屋もない埼玉県フクヤ市で暮らすIKKU。やること無し、職なし、甲斐性なしの彼は世界的なラッパーを夢見ていた。新鋭・入江悠監督が片田舎で暮らす若者の行き場のない想いを巧みに描いた青春ヒップホップ映画が登場。無為な日々、臆病過ぎる恋模様、そして夢に対する熱い想いなど普遍的なテーマがギッシリつまった1作だ。

あらすじ

北関東、レコード屋もライブハウスもないサイタマ県の片田舎。IKKU(駒木根隆介)は、仕事もなく毎日ぶらぶらしながら、なんとなくいつの日か世界的なラッパーになるのを夢みている。友人のTOM(水澤伸吾)や後輩のMIGHTY(奥野瑛太)たちと、ヒップホップグループ“SHO-GUNG”を結成、オリジナルトラックを作って、まずはこの町でライブをやろうと考えていた。しかし、TOMはおっぱいパブのアルバイト、MIGHTYは実家のブロッコリー作りで忙しい日々。それでも彼らはライブ実現のために、伝説のトラックメーカー“病弱なタケダ先輩”(上鈴木伯周)ら地元の先輩たちの力を借りて、自分たちの曲を作っていた。そんなある日、IKKUはスーパーの書籍コーナーで高校の同級生、小暮千夏(みひろ)と再会する。千夏は高校を中退して東京でAV女優として活躍し、また地元に戻ってきたのであった。やがて些細なすれ違いから、千夏のことを巡って次第にラッパーたちの夢がバラバラになっていく。IKKUのまわりから離れていく“SHO-GUNG”メンバー。夢も希望もなくなったIKKUはヒップホップの服を脱ぎ捨て、焼肉店でアルバイトを始める。そこで、IKKUはかつての仲間にばったり再会する……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2008年
製作国 日本
配給 ロサ映画社
ヘッド館 シネマ・ロサにてレイトショー公開
上映時間 80
公開日 2009年3月14日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する