「MW−ムウ−」(2009)

画像

【DVD発売中】

55点55
手塚治虫の“映像化不可能“と言われ続けた問題作を、玉木宏&山田孝之の主演で映画化するサスペンス・アクション大作。16年前に島民全員が虐殺された事件の唯一の生き残りに、旬の2人が扮する。凶悪犯罪を重ね人類滅亡を企てる男と、それを阻止しようとする神父を通じ、誰の心の中にも表裏一体となって潜む“善と悪““光と闇“を浮き彫りにする。

あらすじ

16年前、沖之真船島で一夜にして島民全員が虐殺される事件が発生。この惨事は政府によって闇に葬られるが、奇跡的に助かった2人の少年が、密かに生き延びる。やがて、それぞれに宿命を背負いながら成長し、別々の道を歩んでいく2人。その1人、賀来裕太郎(山田孝之)は神父として神に仕え、迷える人々を救済しながら生きていた。一方、結城美智雄(玉木宏)は、事件の謎を追い続け、背後に蠢く巨悪と対峙するため、闇へと堕ちていった。結城の表の顔はエリート外資系銀行員。だが裏では完璧な容姿と明晰な頭脳、危うい魅力で人々を翻弄し、自らの運命を狂わせた惨劇への報復のため、事件関係者への制裁を冷徹に重ねていた。取り巻く環境は大きく異なる賀来と結城だったが、事件の生存者という事実が、2人を繋ぎ止めていた。事件の後遺症に悩まされる結城は、自らの死期が近いことを悟り、復讐を成し遂げるために次々と制裁を加えていく。そんな結城の犯行を阻止し、彼の魂を救済しようとする賀来。だが毎回、結城に翻弄され、犯罪への加担を繰り返してしまう。その悪行と自ら罪を重ねることに耐え切れず、全てを終わらせようと、発作で倒れた結城にナイフを向ける賀来。しかし、結局は止めを差すことができない。次第に犯行をエスカレートさせていく結城。連続犯罪を追う刑事、沢木和之(石橋凌)は結城の事件への関与を疑うが、沢木の部下を罠に陥れ、結城はその追跡を逃れる。やがて、連続する事件の被害者が全て沖之真船島出身という事実から、16年前の事件との関連に気づいた新聞記者の牧野京子(石田ゆり子)が結城と賀来の前に現れる。そこで2人が目にしたのは、事件の謎を解く鍵となる“MW−ムウ−”という単語だった。結城の最後の復讐が始まる。果たして、“MW−ムウ−”とは何なのか?賀来は結城の犯罪を止める事ができるのか?事件の真相、そして結城の真の目的とは……? 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 ギャガ
ヘッド館 丸の内ルーブル
上映時間 129
公開日 2009年7月4日(土)公開
映倫 PG12
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する