「年々歳々」(2009)

画像

0点--
エイベックス所属の新人俳優を主演に据えた「avexニュースター・シネマ・コレクション」の1作。7年前に火事で亡くなった父の幻影と過ごす少女と、そんな彼女を見守る友人を主人公に描く青春ドラマ。雑誌「ピチレモン」モデルとして人気を博している江野沢愛美が主演を務める。監督は中田秀夫、園子温らの作品でスタッフを務めた安達正軌。

あらすじ

川野みずき(江野沢愛美)は中学生の少女。母親のかえで(円城寺あや)は仕事に忙しく、ろくに相手もしてくれない。父親の修一(風間トオル)と話している間だけが、みずきにとって幸せな時間だった。熱を出して寝込んだときも、目が覚めると修一は彼女のそばにいてくれた。自分の事をたくさん話すみずきを、修一は楽しそうに、そして優しく見守る。だがそれとは反対に、みずきに冷たく当たるかえで。ある日、みずきの前にあおいと名乗る少女(指出瑞貴)が現れる。彼女はみずきの従姉妹で、これから一緒に暮らすことになるという。突然のことに戸惑うみずきだったが、友人の圭子(田中柚里佳)も交えて話をするうち、次第に2人は打ち解けていく。両親の海外赴任によってみずきの家で暮らすことになったあおい。彼女は持ち前の快活な性格もあって、新しい環境にもすぐに馴染んでいく。だが、みずきに対するかえでの冷たい態度にだけは違和感を持たずにはいられなかった。やがてあおいは、7年前にみずきの家族を襲った出来事と、それがみずきたちの心に残したものを知ることになる……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 エイベックス・エンタテインメント
ヘッド館 渋谷シアターTSUTAYAにてレイトショー公開
上映時間 85
公開日 2009年2月21日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する