「群青 愛が沈んだ海の色」(2009)

画像

【DVD発売中】

46点46
作品ごとに華麗なる成長を遂げる長澤まさみ主演の感動作。最愛の人を失った悲しみの中から、生きる希望を取り戻していくヒロインの心情を繊細に演じる。同じ痛みを抱えながら、娘を大きな愛で包み込む父親を佐々木蔵之助が好演。沖縄を舞台にした作品を作り続ける中川陽介監督が、今回も沖縄の美しい風景の中に癒しと再生の物語を溶け込ませている。

あらすじ

沖縄の南風原島。1年ぶりに故郷に戻った比嘉大介(福士誠治)は、幼なじみの仲村凉子(長澤まさみ)と再会する。だが彼女はこの1年、明るい表情を失っていた。全ての始まりは20年前。世界的ピアニスト森下由起子(田中美里)が病気療養のために島へやってくる。彼女の演奏に心を打たれた漁師の仲村龍二(佐々木蔵之介)は、海から採ってきた宝石サンゴの原木を贈る。やがて恋に落ちた2人の間に凉子が生まれるが、由起子は病気が悪化、この世を去る。幼なじみの大介、一也(良知真次)と、まるで兄妹のように育つ凉子。やがて3人が成長し、18歳になると一也が凉子に愛を告白。2人は結ばれる。密かに凉子を想っていた大介は居場所を失い、島を出て那覇の芸術大学へ進学。一方、看護士を目指していた凉子は、漁師修行に励む一也のために島に残るが、2人の結婚に龍二が反対。一也は龍二に認められようと、宝石サンゴの原木を採ってくることを思いつく。だが、海に潜った一也は帰らぬ人となってしまう。一也の死で心を病んだ凉子は入院。退院してからも誰とも話さず、思い出の中だけに生きるようになってしまう。こうして1年後、島で焼き物を作る名目で帰郷した大介は凉子と再会。凉子に対して何もできない自分の無力さを思い知り、逃げるように焼き物作りに没頭する大介。そんな彼の姿を目にして、凉子にささやかな変化が訪れる。自分で花瓶を作り、一也の家に届けたのだ。一也の部屋に初めて足を踏み入れる凉子。そこに飾られていたのは、元気に笑う凉子の写真。それは今では見ることができない姿だった。改めて凉子の悲しみを知った大介は、自分が宝石サンゴを探しに潜ることを決意。しかし、彼もまた海で姿を消してしまう。懸命に大介を捜索する龍二。消息を絶った大介の運命は?凉子が過去から解放され、新たな一歩を踏み出す日は訪れるのか……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2009年
製作国 日本
配給 FOX
ヘッド館 有楽町スバル座
上映時間 119
公開日 2009年6月27日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する