「ラーメンガール」(2008)

画像

【DVD発売中】

58点58
遠く離れた地・日本に残されたアメリカ人女性が、気難しいラーメン屋のオヤジに弟子入りして、完璧なラーメン作りを目指す心温まる人間ドラマ。『シン・シティ』のブリタニー・マーフィと日本を代表する名優のひとり、西田敏行が主演を勤める。監督は演劇界で活躍し、日本でも数多くの公演を行っている演出家ロバート・アラン・アッカーマン。

あらすじ

アメリカ人のアビー(ブリタニー・マーフィ)は、恋人イーサン(ガブリエル・マン)と一緒に暮らすために日本へやってくる。しかし突然、イーサンは彼女と離れて、無期限で大阪に行くことになる。途方に暮れたアビーは、アパートの向かいのラーメン屋の明かりに誘われ、閉店していることにも気づかず店に飛び込む。そして、英語のわからない店主マエズミ(西田敏行)に思いをぶちまける。マエズミはアビーに1杯のラーメンを差し出す。それを食べて元気を取り戻した彼女は、ラーメンこそが自分の天職だと思い、弟子入りを志願する。アビーは修業を始めたものの、マエズミは彼女を日本語で叱りつけては掃除や鍋洗いばかりさせ、料理に関することは何もさせない。辛さに耐えきれずアビーは店を飛び出すが、思い直して、再び店に戻る。ある夜、欧米人の仲間と出掛けたアビーは、トシ(パク・ソヒ)という日本人の男の子と知り合う。2人はすぐに意気投合し、恋が芽生える。そのころ、アビーの忍耐強さを認めたマエズミは、彼女にラーメン作りを教え始める。しかしアビーがどんなに一生懸命に作っても、彼女のラーメンには魂がない。ある日、市場に出掛けたマエズミは、アメリカ人にラーメン作りを教える彼をあざ笑う同業者の声を耳にする。そこで、2ヶ月後にやってくる“ラーメンの達人”(山崎努)が彼女の腕を認めなければ、自分はラーメン作りを辞めると宣言する。トシが仕事で上海に赴任することになり、アビーについてきてほしいと頼む。しかし彼女は修業をやり遂げるため、トシの申し出を断る。しかしアビーのラーメンには、どうしても魂がこもらない。マエズミは息子と縁を切っており、秘伝の味が自分の代で終わってしまうことを悲観する。アドバイスを貰おうと、マエズミはアビーを自分の母に会わせる。母は、料理に愛を加える方法がわからないなら、悲しみを注げと告げる。こうしてアビーは、ついにラーメンの達人を迎える。 【キネマ旬報データベースより】
原題 THE RAMEN GIRL
製作年 2008年
製作国
配給 ワーナー
ヘッド館 テアトル新宿
上映時間 102
公開日 2009年1月17日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する