「40歳問題」(2008)

画像

【DVD発売中】

60点60
80年代にデビューを果たしたミュージシャンたちは40代に突入した今、何を考えるのか?『ナビィの恋』の中江裕司監督が40代のミュージシャンたちの活動とプライベートに迫るドキュメンタリー。音楽への想い、自らが辿ってきた時代の変遷、そして生活にまつわる問題など多様な要素を描き、音楽に興味のない観客も楽しめる作品に仕上がっている。

あらすじ

日本中がバンドブームに沸いた80年代。若者たちはこぞって音楽活動に熱中、インディーズレーベルが隆盛を極め、アマチュアバンドの登竜門となる番組が人気を集めた。ロックが鳴り止む日など来るはずがないと思えた時代。あれからおよそ20年。かつて時代をリードした若者たちも21世紀に入り、40代を迎えた。そして呼び集められた3人のミュージシャン。“イカ天初代グランドチャンピオン”として華々しいデビューを飾った“FLYING KIDS”の元ヴォーカル浜崎貴司(43)。バンド“Mondo Grosso”としてデビューした大沢伸一(41)。“真心ブラザーズ”としてデビューし、音楽以外にもマルチな才能を発揮する桜井秀俊(40)。同じ音楽業界に籍を置きながらも活躍するフィールドの違う3人は、“40代”という共通点だけで集められ、テーマソングを一緒に作るという課題を与えられる。社会の変化、体力の衰えに不安を感じつつも、離婚、育児、親の介護と生活の中に問題は山積み。40代を迎えた彼らはどうやって音楽と人生を両立させているのか。創作の過程で表れてきたのは、それぞれの音楽に対する想い、家族への愛、そして生き方であった。ついに彼らは渾身の1作“LOST CONTROL”を完成。2008年9月7日にC.C.Lemonホールで一夜限りのスペシャルユニットを結成する。こうして3人のミュージシャンを追う一方、30代のスネオヘアー(37)をナビゲーターに迎え、リリー・フランキー(44)、箭内道彦(44)、角田光代(41)、小川直也(40)、新田恵利(40)といった40代の著名人たちにインタビュー。次々と遭遇する人生の難問に、時に笑い、時に怒り、時に泣き、そして歌う彼らの実像に迫る。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2008年
製作国 日本
配給 ジョリー・ロジャー
ヘッド館 シアターN渋谷
上映時間 87
公開日 2008年12月20日(土)公開
チケット 前売りチケットを購入する